050 年の瀬のコートダジュール

フランス コートダジュール
特に理由はないけれど、フランス、コートダジュール(Cote d'Azur)、ジュアン レ パン(Juan les Pins)に行ってみた…。

ジュアン レ パン
ジュアン レ パン。
美しくて長い海岸線に沿って、リゾート ホテルが建ち並ぶ。

コートダジュールの海岸
夕暮れの海岸をお散歩。
さすがはコートダジュール、今年もあと数日だというのに、ほんわかと暖かい。

海岸をお散歩
のんびりとお散歩を楽しむ人々。
こういうのを、本当の贅沢というのかも…。

ジュアン レ パンの夕暮れ
ジュアン レ パン。
冬の地中海、穏やかで静かな夕暮れの時。

アンティーブ
南仏コートダジュール、年の瀬のアンティーブ(Antibes)の町。

アンティーブの町にて
アンティーブの旧市街地、噴水広場にて。

アンティーブの町で
アンティーブ、小さな画廊がある広場。

ジュアン レ パンをお散歩
旅の2日目、今日もまた、海辺をお散歩。
何もない町なので、お散歩くらいしかすることが…。
でも、それが1番嬉しい

年の瀬の地中海
年の瀬の地中海。
どんよりと曇った空だけど、思いのほか暖かい。

アンティーブの町並み
アンティーブの裏通り。
年の瀬の賑わい。

アンティーブのマルシェ(朝市)
アンティーブの町のマルシェ(朝市)にて。
年末の買い出しをする人々。

オリーブ オイル
オリーブ オイル、1リットル9.90ユーロ(約1,000円)から。

アンティーブの教会
アンティーブの教会。
小径の奥にひっそりと佇む…。

アンティーブの町で
アンティーブ、教会脇の小径。
ついつい奥へと進みたくなる…。

フレンチ リビエラ
アンティーブの町からニース(Nice)の方を望む。
その先はフレンチ リビエラ(French Riviera)、そしてイタリアへと続く…。

アンティーブの町で
アンティーブの町、ピカソ美術館の辺り…。

アンティーブ
アンティーブ。
この小径を抜けた向こうが地中海。

アンティーブ
アンティーブの町。

アンティーブ
アンティーブの町にて。

アンティーブの港
アンティーブの港。
手前は小さなヨットやボートが並んでいるけれど、奥の方には個人の所有とは思えないほどに大きなクルーザーが。

アンティーブのパン屋
アンティーブのパン屋さん。
クリスマスや年末年始の可愛らしい飾り付け。
でも、決して派手ではなく、どこか素朴さが漂う。

ケーキ
これ、12月31日や01月01日に食べる年越しケーキ!?

アンティーブの魚屋
アンティーブの町の小さな魚屋さん。
ここフランスでも、年末年始のお祝いには海の幸をいただく。
牡蠣やうに、蟹やロブスターなどなど…。

コートダジュール
大晦日、夜の遅い便でコートダジュールからパリへと戻る。
自宅に着く頃には、年が明けるかも…。