043 素朴な北の港町オンフルール

フランス、オンフルールの港町
フランス、ノルマンディ地方、オンフルール(Honfleur)。
パリから北西に約200キロ。
セーヌの河口に位置するこの町は、昔の趣きを色濃く残す。

オンフルールの町並み
オンフルールを訪れたのは、この町をゆっくりと歩いてみたかったから。
石畳の小径を、右へ、左へ…。

オンフルールの酒屋
町にはシードルやカルヴァドスなど、この地で造られたお酒を売るお店が多い。
ここは緯度が高いせいか、ワイン作り(ぶどう作り)には適さないのかも…。
しかしその代わりに、りんごのお酒ならよりどりみどり。

シードル
酒屋さんの店先に並べられたシードル。
瓶に貼られたラベルといい、コルクを針金で縛っただけの栓といい、飾り気のない木箱といい、どれも素朴でいい。

オンフルールの旧港
オンフルールの旧港。
どんよりと曇った空の下、マッチ箱を立てて並べたような町並みが続く。

オンフルール、サント カトリーヌ広場
サント カトリーヌ広場。
オフシーズンの今、思いのほかひっそりとしている。
でもこの方が、この小さな港町には似合っているのかも。

画廊
オンフルールの町中には画廊が多い。
旧港脇の小径を入ったところに、美しい外観のお店を発見。

猫
オンフルール、とある雑貨屋さんの前で。
キラリと光る目といい、落ち着いた様といい、まさに威風堂々。

チョコレート屋
オンフルールのチョコレート屋さん。
お店の大きさ(小ささ)とか、外壁と日よけの色合いとか、ガラス越しに並べられたチョコレートとか…、どれをとってもホントに可愛い。
パリの街中にあるチョコレート屋さんと言えば、威厳のある、敷居の高そうなお店が多いけれど、この町のチョコレート屋さんは、明るくて親しみやすい。
何だか、八百屋さんやお魚屋さん、お肉屋さんと同じような感じ。

オンフルールの時計台
サント カトリーヌ教会前の時計台は、この町のシンボル。
まさに、とんがり帽子の時計台~。
町中を歩いていると、時々、このとんがり帽子がちょこんと見える。
また、穏やかな鐘の音が、この小さな港町を優しく包む…。

旧港
オンフルールの旧港。
ここの町並みは、少しくすんだ、落ち着きのある色合い…。
南仏の明るさとも、バスクの艶やかさとも、アルザスのパステルカラーとも異なる。

家
オンフルール、とあるお宅の窓辺にて。

旧港
旧港に面した建物の地上階は、そのほとんどがレストラン。
この町で1番賑やかな辺り。

家
オンフルール、とあるお宅の玄関にて。
ドアをトントンと(この感じだと、ドンドン?)ノックするためのもの。
これはイルカがモチーフ。
フランスではイルカがモチーフになったものををよく見かけるけれど、どれも、あまり可愛くない…。

旧港
オンフルールの旧港。
まさに「フランス北部の、小さな港町」というイメージ。
この景色が見たくて、この町を訪れる人も多いのでは。

オンフルール、サン レオナール教会
オンフルールのサン レオナール教会。
長い時の流れのせいか、それとも吹き付ける潮風のせいか、はたまた戦いの傷跡なのか、外観の傷みが激しい…。

オンフルールの町並み
オンフルール、サント カトリーヌ教会脇の風景。
この辺りには、木骨造りの、趣きのある建物が並ぶ。

オンフルールの家
オンフルール、とあるお宅の玄関にて。
これ、フランス風の招き猫?
もともとは、ランプか電燈を下げるためのものだろうか?

海洋博物館
オンフルールの旧港に面して立つ海洋博物館。
以前はサン テティエンヌ教会だった建物を、現在は博物館として使用。
ちょっと中を覗いてみたけれど、あまりにも暗くて入るのをためらった。

夜景
オンフルールの夜。
ザワザワとしていたのは、旧港のレストラン街だけ。
その他の地区は人通りも少なく、シーンと静まり返っていた。

オンフルールにて
オンフルールは、本当に小さな港町。
出かける前は「2泊くらいした方がいいのかな?」とも思ったけれど、1泊でも十分に楽しむことができた。
パリからの小旅行にはピッタリ。

シードル
旅行中、食事のたびにシードルを1本開けた(空けた)。
それぞれに独特の香りや味わいがあって、飲み比べるのも楽しい。
また、酒屋さんで買えば1本3~5ユーロ(400~600円)くらい、レストランで飲んでも10ユーロ(1,300円)前後と、お財布にも優しい。

シードル
小径の奥に、シードルを専門に飲ませてくれるお店を発見。
ノルマンディのいろいろな地酒あるのだろうと興味津々だったけれど、明るいうちから、子連れで酔っぱらうわけにもいかず、断念…。

町並み
夏の間は、きっと、もっと、賑わっているのだろう。
でも冬のこの時期には、何とも言えない静けさがある。
時折、吹く風の中に暖炉で薪を燃やす匂いが漂ってきて、りんごの榾木(ほだぎ:暖炉でたくたきぎ。小枝や木切れなど)がトロトロと燃えるような、美しい情景が目に浮かぶ…。

オンフルールの港町
印象派の画家たちを魅了した小さな港町、オンフルール。
どんよりと曇った空の下、石畳の小径をのんびり歩いていると、この町で生まれ育った作曲家 エリック サティの「ジムノペディ 第1番」がどこからともなく聞こえてくるようだった。
エリック サティ ジムノペディ 第1番