パリの冬を巡る

040 パリ、冬のお散歩1/2

パリの冬
11月のパリの月。
吹く風には冬の匂いも…。

パリ、ムフタール通り
パリの5区、小雨降るムフタール通り。
マルシェを往く人々も、皆、急ぎ足…。

牡蠣
冬は牡蠣の美味しい季節。
殻つきのまま、生牡蠣としていただきます。

トゥルトー蟹
そしてもう1つ。
冬の味覚と言えばトゥルトー蟹(tourteau:いちょうがに)。
手足の中身は少ないけれど、甲羅の中はミソでいっぱい!

パリの食料品店
EPICERIE(エピスリー)とは、食料品店のこと。
ワインやビールなどの飲み物や日用雑貨なども置いてます。

パリのカフェ
パリ、バスティーユ広場のカフェ。
今日も小雨の降るお天気。
パリの冬は、こんな日が多い…。

リュクサンブール公園
リュクサンブール公園、泉の底の落葉。

ポトフのセット
食料品店で見かけたポトフ(Pot au feu)用の野菜セット。
日本で言えば、お鍋の材料セットという感じでしょうか。

セーヌ川
冬のセーヌ。
文字通り、鉛色の空と川…。
まさに、パリの冬そのもの。

シテ島
パリ、シテ島にて。

シテ島
シテ島の突端にある遊歩道。
こんな日は訪れる人もなく、静か…。

クリスマスの飾り
アパートの管理人さんが、入口のドアを飾ってくださった。
真っ白な粉がガラスに吹き付けてあります。
こんな心遣いが嬉しい。

マナラ
パリのパン屋さんにて。
「雪だるま」かと思ったら、アルザス語でマナラ(manalas)と呼ばれる「ちっちゃな坊や」のパン(brioche:ブリオッシュ)だった。
12月06日、聖人サン ニコラのお祝いに、ココアと一緒にいただくもの。

街角
2つのお店の間にある階段は、その向こうへと続く抜け道になっている。
こんな小さな道を見つけるたびに、ついつい歩いてみたくなる。

芸術橋
セーヌ河にかかる芸術橋。
その名の通り、とても芸術的な橋脚。

パレ ロワイヤル
冬のパレ ロワイヤル。
夏の賑わいはないけれど、これはこれで良し。

リヴォリ通り
パリのリヴォリ通り。
ルーブル美術館の脇を、東西に貫く。

セーヌ川
冬のセーヌ。
芸術橋の上からシテ島を望む。

ムフタール通り
ムフタール通り。
とあるお家でサンタさんを発見。

ホテル
パリの5区、パンテオン広場に面したホテルの窓辺。

クレープ屋
クレープ屋さんにて。
塩味(salees)のクレープと、甘い(sucrees)クレープとがある。
ポットに入った苺ジャムが美味しそう。

シャンゼリゼ
シャンゼリゼ通りのクリスマス イルミネーション。
雨の夜もいい…。

リュクサンブール公園
リュクサンブール公園。
メディシスの泉(fontaine Marie Medicis)に遊ぶカモ。

パッサージュ デ プランス
パッサージュ デ プランス(passage des Princes:王子さまの商店街)にて。
両側におもちゃ屋さんがズラリと並ぶ。

ポン ヌフ
ポン ヌフのたもとにて。
建物の色といい、船の色といい、初冬のパリにピッタリ…。