033 晩秋の南仏マルセイユへ

フランス、マルセイユの街
フランスの港町、マルセイユ(Marseille)。
マルセイユは、パリ、リヨンに続いて、フランスで3番目に大きな街。
でも、パリやリヨンに比べたら、より雑然としている。

マルセイユの街並み
マルセイユの市街地。この街は、細い道と坂道が多い。

マルセイユの旧港
マルセイユの旧港、ベルジュ(Belges)埠頭のあたり。
秋も終わりだというのに、空も海も真っ青。
埠頭を渡る風が気持ちいい。

旧港の魚屋
魚を売る漁師さん。
さすが港町、鮮度が良さそう!

かもめ
マルセイユの旧港にて。
秋の海とかもめ。

マルセイユの入り江
マルセイユの町はずれにある、小さな入り江。
市街地に比べたら、とても静かなところ。

めがね橋
小さな入り江を渡るめがね橋。
その向こうは真っ青な地中海。

入り江の家々
小さな入り江の周り、急な斜面に折り重なるように家々が立つ。

マルセイユの海
マルセイユの街は、どこにいても海を感じることができる。
視界の中に、常に海が見える。

地中海
晩秋の地中海。
その青さに感激!
マルセイユ ブルー!

マルセイユのカフェ
マルセイユの町はずれ、小径の奥にあった小さなカフェにて。
シーズン オフの今、お休みだった…。

イルカの蛇口
南仏マルセイユ、とあるお家の玄関先にあった水道の蛇口。
さすが港町。
イルカですよ、イルカ!

マルセイユのパニエ地区
マルセイユの市街地、パニエ(Panier)地区のレストランにて。

マルセイユ、ヴィエイユ シャリテ
マルセイユのヴィエイユ シャリテ(Vieille Charite:旧慈善院)。
昔は、移民救済のための建物だったのだとか。

ヴィエイユ シャリテ
マルセイユ、ヴィエイユ シャリテにて。

ノートルダム ド ラ ギャルドバジリカ聖堂
丘の上に立つ、ノートルダム ド ラ ギャルドバジリカ聖堂。
街のどこからでも良く見える、マルセイユのシンボル。

マルセイユの眺望
ノートルダム ド ラ ギャルドバジリカ聖堂の丘からマルセイユの街を望む。
晩秋とは思えない陽射し、そして真っ青な空と海!

マルセイユの眺望
ノートルダム ド ラ ギャルドバジリカ聖堂からの眺め。
マルセイユの旧港とその周りに広がる市街地。

サント マリー マジョール大聖堂
マルセイユ、サント マリー マジョール(Sainte Marie Majeure)大聖堂。

マルセイユの雑貨店
マルセイユのパニエ地区にある雑貨屋さん。
サボン ド マルセイユ(savon de Marseille:石鹸)やオリーブ オイルが並んでいました。

サントン人形のアトリエ
マルセイユの名物と言えば、サントン人形(santon:土人形)。
工房にお邪魔して、色付けしているところを見せていただきました。

サントン人形
私達が買い求めた小さなサントン人形。
フランスのクリスマス飾り、クレッシュ(creche de Noel)に。

マルセイユ菓子、ナヴェット
マルセイユ名物のお菓子、ナヴェット(navette)。
長さは17~18cm、硬い、乾パンのようなもの。
オレンジのような、アニスのような香りのする、素朴な味。
僕がいま、日本の皆さんに最も食べさせてあげたいフランスのお菓子。
Four des Navettes
136 rue Sainte 13007 Marseille

クスクス
マルセイユの名物料理と言えばブイヤベース(bouillabaisse:小魚のごった煮)。
地元に住む友人達に「ブイヤベースが食べてみたい!」と言ったら、「止めておきなさい」と言われ、とうとう食べさせてもらえなかった…。
「それよりも、マルセイユで美味しいのはクスクスなのよ!」と、連れていかれたのがこれ。
確かに、この街はアフリカからの移民が多いせいか、クスクスが美味しい。
マルセイユの名物料理は、ブイヤベースからクスクスに代わったようです。

マルセイユ石鹸
マルセイユと言えば石鹸(savon de Marseille:サボン ド マルセイユ)。
これは友人のおじいちゃんが大切にしていた100年くらい前のもの!
「お土産にあげる」と言われたので、貰って来てしまいました。