030 アルザスへの旅4/5

レンタカー
今回の旅で、私達の足になってくれたレンタカー。
予約の段階では、いままでに借りたどのレンタカーよりも安かったけれど、レンタカー屋さんで車とご対面して、納得。
車体の両脇にハデな広告が描かれていたからです!
「何これ! 恥ずかしい~」と思いつつも、やはり安さには勝てません。
ドアに大きく5ユーロなんて書いてあるので、5ユーロ カーと呼ぶことに。

アルザスの家
フランス、アルザス(Alsace)地方、とあるお宅のよろい戸。
このブルーが、何とも言えず素敵です。

アルザスの家
こちらのお宅は、壁が淡いピンク。

アルザス、エギスアイムの村
アルザス地方、エギスアイム(Eguisheim)の村。
「フランスの美しい村」にも登録されているところ。

エギスアイムの村にて
エギスアイムの村にて。
石畳の小径が家々の間を迷路のように。

エギスアイムにて
エギスアイムにて。
村に着いた時、ここがエギスアイムの村なのか分からなかったので、「ここ、エギスアイムですか?」と、通りかかった人に尋ねたほど。
それほどまでに小さく、そして、可愛らしい村。

エギスアイムの家並み
エギスアイムの村。
家も車も、いい雰囲気。
パリに比べたら、時間がずっとゆっくり流れている感じ。

エギスアイムの肉屋
エギスアイムの村のお肉屋さん。
大きなソーセージや厚切りのハムでも買って、ジュッ!と焼いて、冷たいビールと一緒に…、なんてね(すみません、食べることばっかりで…)。

エギスアイムの通り
マスカット通りだって!
さすがアルザス ワインの産地。

エギスアイムの蔵元
エギスアイムにて。
「アルザス ワイン、飲めます」だって!
あぁ~、寄って(飲んで)いきたい…。

アルザス、イローゼンの村
アルザス地方、イローゼン(Illhaeusern)の村。
とても小さく、静かなところ。

イローゼンの村にて
イローゼンの村にて。
とあるお宅の塀の中を覗き見…。
見てください! 11月だというのにお花でいっぱい!

イローゼンのイル川
イローゼンにて。
村の中央をゆったりと流れるイル川。

オーベルジュ ド リル
イル川のほとりに立つ、オーベルジュ ド リル(L'Auberge de l'Ill)。
「そこで食事をするためだけに旅する価値がある」と賞される三ツ星レストラン。
ちなみにオーベルジュ(auberge)とは、宿泊設備を備えたレストランのこと。
L'Auberge de l'Ill
2 rue de Collonges au Mont d'Or 68970 Illhaeusern

オーベルジュ ド リル
オーベルジュ ド リルの駐車場で。
ベンツやジャガーなどの高級車が並ぶ中に、我らが5ユーロ カーを停める。
見てください! 車の前にこんなにスペースが余っちゃった(大笑)。
三ツ星レストランに、こんな車で乗りつけるなんて恥ずかしい?
いえいえ、それが痛快ですらあります。

シャンパン
オーベルジュ ド リルにて。
お店の奥、イル川を臨む窓辺の席に通されて、まずはシャンパンで乾杯。

アミューズ
今日のアミューズ(amuse:お通し、突き出し)。
なお、オーベルジュ ド リルのシンボルは、イル川沿いに立つ柳の木。
ほら、お皿にも柳の葉が描かれています。

前菜
相方(水野)の前菜。
オマール海老とアーティチョークのサラダ、かぼちゃのガレット添え。

前菜
僕の前菜。
ほたて貝と海老のミルフォイユ、ほうれん草と青りんごのサラダ。

主菜
相方(水野)の主菜。
仔牛のヒレ肉のローストの詰め物、季節のきのこ添え。

主菜
僕の主菜。
野うさぎの赤ワイン煮 ポール エーベルラン風。
このお料理を注文した時…
「今が旬。美味しいですよ。でも、ちょっと強いけれど大丈夫ですか?」
…と、給仕さんに訊ねられました。
そして、出されたお料理は、本当に強烈な味と香り(と言うよりも、匂い…)。
大抵のものは食べられる相方(水野)も、一口食べて目を白黒させてました。

チーズ
食後のチーズ。
好みのものを幾つか選び、お皿に盛ってもらう。

デザート
相方(水野)のデザート。
お店の看板を冠したアイスクリーム。
またこの後には、プチ フール(petits fours:一口サイズに作られた焼き菓子)が続く。

オーベルジュ ド リル
食事の後は、お庭をお散歩。
お店のシンボルである柳の木が川風に揺れる。
心もお腹も満たされて、至福のひと時…。
柳の木のある風景は、素晴らしいお料理やサービスとともに心に残りました。

オーベルジュ ド リル
アルザス地方、イローゼンの村にある、オーベルジュ ド リル。
私達にとっては、初めて入ったフランスの三ツ星レストラン。
お店の方々の自然な振る舞いやお気遣いもあって、緊張することなく、素晴らしいひと時を楽しむことができました。