029 アルザスへの旅3/5

看板
フランス、アルザス地方の町や村を巡っていると、可愛らしい看板をたくさん目にします。
また、その様子からアルザスの文化や風習、服装を垣間見ることもできます。
今回は、そのいくつかをご紹介したいと思います。
馬車の後ろを歩くおじさんが背負っている円錐形のカゴは、その昔、ぶどうを収穫する時に使ったもの。
するとこれは、ぶどうを収穫した後の様子かな…?

看板
アルザス地方、ニーデルモルシュヴィール(Niedermorschwihr)にて。
村でただ1軒の食料品店、メゾン フェルベール(Maison Ferber)の看板。
世界一美味しいと言われるジャムを作ることで有名なこのお店、その看板は、プレッツェル(pretzel)にクグロフ(kouglof)の型。

看板
こちらは、チョコレート屋さんの看板。
左側は、アルザスのお菓子クグロフをくわえたコウノトリ。
右側は、お姫様(?)の両脇にシェフが2人?

看板
アルザス地方、カイゼルスベルク(Kaysersberg)の村にて。
下の看板は、コウノトリに、アルザス ワイン。
コウノトリがつついているのは郷土料理のシュークルート(choucroute)。
上の看板は、グランド ピアノを弾く人。

看板
アルザスらしい、伝統的な衣装を身にまとった看板。

看板
前の看板を反対側から…。
2人の間にあるのは糸車?

看板
レストランの看板。
アルザスの伝統的な衣装を着た女の子達が給仕さん?

看板
アルザス地方、リクヴィル(Riquewihr)の村にて。
路地の先にこんな看板が見えると、ついつい入ってみたくなる。

看板
アルザス地方、イローゼン(Illhaeusern)の村で。
三ツ星レストラン、オーベルジュ ド リル(L'Auberge de l'Ill)の看板。
清らかなイル川のほとりに立つ、ひっそりと静かなレストラン(auberge:宿泊設備を備えたレストラン)でした。

看板
草が絡まって、いい雰囲気。

看板
レストランの看板。
お料理を抱えて歩くシェフたちの後ろに、猫が1匹。

看板
アルザスのお菓子、プレッツェル。
そして小麦に、クグロフ、ポット…。

看板
窓辺のお花と相まって、本当にきれいな看板。
アルザス地方の伝統的な衣装を身にまとった男の子と女の子。
また、2人が持つカゴの中にはアルザス ワインとパン。

看板
アール エ コレクション ダルザス(Arts et Collections d'Alsace)の看板。
アルザスではお約束の、コウノトリがモチーフ。

看板
アンシ(HANSI)の家。
片手にアルザス ワイン、もう一方にはワイン グラス。
テーブルの上にはアルザスのお菓子クグロフ。

看板
リクヴィル(Riquewihr)の村で見かけた看板。
「キャバレー コウノトリ」っていう意味でしょうか…。それとも?

看板
絵描きさんの看板。
絵の部分にだけ色彩が施されていてオシャレ!

看板
金の白鳥の看板。
蛇が巻き付いていることからして、薬局の看板かな…?
するとこの女性は、薬を煎じているということですね…?

看板
きれいな花輪で囲まれたプレッツェル。
壁寄りには、下からクロワッサン、クグロフ、バゲット(baguette:いわゆる普通のフランスパン)。
1番上には壺に入った小麦(?)と白くて小さなねずみ…。

看板
ハムやソーセージなどを売るお店(シャルキュトリー:charcuterie)の看板。
木の切り株に腰を下ろし、豚に聖書(?)を読んで聞かせる聖人(?)、3羽のあひるを連れて歩く女の子、ハムを持って町を歩くシェフ2人…。

看板
コウノトリの看板のレストラン。
足元には、スフレンハイム(Soufflenheim)焼きのポット。
これ、アルザス地方の郷土料理、ベックオフ(baeckeoffe)の器。

看板
エレガントなプレッツェル!
コルマール(Colmar)の町のパン屋さんにて。

看板
猟師さんがモチーフの看板。

看板
ナイフとフォークの看板は、やはりレストラン。
創業は1562年!?

看板
ストラスブール(Strasbourg)の街中で見かけたフォアグラ屋さんの看板。
お腹のあたりが膨らんで、苦しそうだこと…。