028 アルザスへの旅2/5

フランス車 シトロエン
コルマール(Colmar)の町にて。
シトロエンの2CV。

紅葉
夕ご飯の時間(夜8時)まで、夕暮れのコルマールをお散歩。
実物は、もっともっと美しい色だった…。
何色と言えばいいんだろ…。

クグロフ
アルザス地方の焼き菓子、クグロフ(kouglof)。
実は、大小さまざまなサイズあり。
私達は小さなものを買って、その場で食べた。

おもちゃ屋
コルマールの町のおもちゃ屋さんで。
美しい色合いの木のおもちゃ。

チョコレート
これ、いがの中から栗がのぞいている様を模ったチョコレート。
コルマールの町では、何軒かのチョコレート屋さんで見かけました。
1番外側のいが、いがと栗との間にある渋、栗の殻、そして栗の中身と、全部で4層からなる手の込んだ作り。
しかもそれぞれにチョコレートの味や硬さが異なる。
栗の殻の部分はパリッと、また、栗の中身はこってりと軟らかい。

かぼちゃのスープ
コルマールのホテルでは、夕食と朝食がセットになったデュミ ペンション(Demi Pension:1泊2食付き)でお願いしました。
夕食のアミューズ(突き出し)にいただいたのは、かぼちゃのスープ。

テリーヌ
前菜は鹿のテリーヌ。
少しクセがあるけれど、そこがまた美味しい。
秋は鹿や野うさぎ、キジなど、ジビエ(gibier:野禽)の季節…。

海老と白身魚
お魚料理は、海老と白身魚。
プリプリとした食感が美味しかった。
添えられているのはお蕎麦。

牛肉とトロンペット茸
牛肉とトロンペット茸。
きのこの香りが素晴らしい!
あぁ~秋だね~。

デザート
デザートはアイスクリームとチョコレートケーキ。
そして、プチフール。

コルマールの町並み
アルザス地方、コルマールの町。
まるで、おとぎの国のよう…。

コルマールの町にて
コルマールにて。
季節外れのせいか、往く人もなく、とても静か…。

コルマールの教会
コルマールのドミニカン教会。
風情のある、いい建物でした。

コロンバージュの建物
アルザス地方特有の木骨造り(colombages:コロンバージュ)の建物。
コルマールにて。

コルマールの町並み
コルマールの町で。
おとぎの国のような、色とりどりの家が並ぶ。

コルマールにて
コルマールの家並み。
これは、16世紀の建物なのだとか。
なお町中には、すでにクリスマスの飾りが。
お散歩しながら、ひと足早く、クリスマス気分を楽しむ。

コルマールのレストラン
コルマールの町のレストラン。
11月とは思えない、美しい花飾り。

コルマールの雑貨店
コルマールの町で見かけた日用品や食料品、お花を売るお店。
とにかく可愛らしいものばかり!
お土産選びにもピッタリ!

コルマールの町にて
コルマールの町の小径を往く。
周りの建物が高いので、まるで迷路に迷い込んだような気分。
地図を片手に、右へ、左へ…。

コルマールの町で
コルマールの商店街にて。
お菓子屋さんで、コウノトリの卵の形をしたチョコレートを買いました。

アール エ コレクション ダルザス
アルザス地方の可愛い布地や雑貨がいっぱい詰まったお店。
アール エ コレクション ダルザス(Arts et Collections d'Alsace)。

アール エ コレクション ダルザス
アール エ コレクション ダルザスの店内。
ケルシュ(kelsch)を始めとするアルザスのリネン(麻)の小物達。
壁に掛かっている木製の飾りも、温かみがあって可愛い。

アール エ コレクション ダルザス
アール エ コレクション ダルザスにて。
コウノトリやアルザスのシンボルをモチーフにした木製の雑貨。
小さな木の椅子も刺繍入りのランプシェードもアルザス独特の雰囲気。

アール エ コレクション ダルザス
アール エ コレクション ダルザス。
リネンの布地や刺繍用品。

グレ ダルザス
アール エ コレクション ダルザスにて。
アルザス地方の伝統的な焼き物、グレ ダルザス(gres d'Alsace)。
とても素朴な雰囲気。
あぁ…、お土産に買ってくれば良かった…。