027 アルザスへの旅1/5

フランスのtgv
パリから、フランス、アルザス(Alsace)地方のストラスブール(Strasbourg)へ。
フランスの新幹線、TGVの紫とオレンジの色鮮やかなシート。

フランス、tgvの車内
TGVのストラスブール線は今年(2007年)開通。
シートのデザインも斬新!

フランス、tgvの車窓から
ストラスブールへと向かうTGVの車窓から。
パリを少し離れただけで、広々とした緑の大地が広がります。

ストラスブールの駅
アルザス地方の中心地、ストラスブールの駅。
ホームを覆う半円形の屋根は、かなりの年季が入っているよう。

ストラスブールの駅
ストラスブール駅。
駅前広場から見るとご覧の通り、モダンなガラス張りのフード。
横に長いので写真には収まり切らなかったけれど、その姿は、まるで巨大ないも虫かくらげのよう…(ゴメンナサイ)。

ストラスブール、プティット フランス
ストラスブールの旧市街、プティット フランス(Petite France)と呼ばれる地区。
特に予定もないので、川沿いの公園をのんびりお散歩…。

ストラスブール、オ ポン サン マルタン
ストラスブールの旧市街、プティット フランス。
川に面して立つレストラン、オ ポン サン マルタン(Au Pont Saint Martin)。

ストラスブールの秋
ストラスブールの秋も終盤…。

ストラスブールの紅葉
ハートが1つ、ハートが2つ、ハートが3つ…。

ストラスブール、プティット フランス
ストラスブールの旧市街、プティット フランスにて。
人影も少なく、とても静かだった…。

コロンバージュ
コロンバージュ(colombages)と呼ばれる木骨造りの家々。
お散歩していたらお天気が回復し、心地良い秋晴れになった。

ストラスブールのイル川
ストラスブール、イル川沿いの風景。
静かな川面に、数匹の白鳥やカモがのんびりと…。

ストラスブールのノートルダム大聖堂
ストラスブールのノートルダム大聖堂。
今までに見た教会の中では、1番高い尖塔かも(高さ142m)。
真っ直ぐに、天を突き刺すような感じ。

ストラスブールの町並み
ストラスブールの街にて。
建物の色も形も、フランスの他の地方とは異なることが解る。
お隣りの国、ドイツもこんな感じなのかな?

フランスの紅葉
フランスの紅葉は、赤よりも黄色や茶色の方が多い。
華やかさはないけれど、落ち着いた、ちょっとさみしげな感じがいい。

ル クルー
ストラスブールのヴィンステュブ(winstub)、ル クルー(Le Clou)。
ヴィンステュブとは、郷土料理や地酒を楽しむことができる居酒屋のこと。
平日のお昼でもお客さんでいっぱいの超人気店でした。
Le Clou
3 rue Chaudron 67000 Strasbourg

エスカルゴ
アルザスのエスカルゴは大きくて美味しいと聞いていたので、楽しみにしていた食べ物の1つ。
ニンニクが効いていて、味も濃い目、ワインが進みます。

シュークルート
シュークルート リースリング(白ワイン)風味。
キャベツがたっぷりなので全部食べるとお腹いっぱい。

アルザス風肉団子
アルザス風肉団子とサラダ。
どこか懐かしいような味。

ポテト ソテー
お料理に添えられたポテト ソテー。
アルザスのビールに合いそう!

コルマールの町
ストラスブールで車を借りて、南へ約70キロ。
夕暮れ前にコルマール(Colmar)の町に着きました。
この町は戦災に遭っていないので、古い町並みが残っているのだとか。

コルマールにて
コルマールの町で見かけた、通りの名前の表示。
可愛らしい字体。
ここは、プティット タヌア(小タヌア)通り。
近くに、プティットじゃないタヌア通りもありました。

コルマールのホテル
夕暮れ前にホテルに到着。
運河沿いに立つ、可愛らしい宿。
建物の1階、電灯が点いているところはホテルのレストラン。
夕ご飯、朝ご飯ともに、運河を眺めながらいただくことができます。

ホテル ル マレシャル
ホテルの正面。
1565年に建てられた歴史と伝統のあるホテル、ル マレシャル(Le Marechal)。
お部屋もお風呂も豪華で、お姫様気分(?)にひたることができます。
Le Marechal
4-6 place des Six Montagnes Noires 68000 Colmar

ホテル ル マレシャル
泊めていただいた部屋の窓から、運河沿いの眺め。
日暮れの頃ともなれば、町はとても静かに…。
水面を泳ぐカモ達の、ガーガーという鳴き声だけが響きます。