026 ボルドーとバスクへ4/4

サン ジャン ド リュズ
フランス、バスク地方の海辺の町、サン ジャン ド リュズ(Saint Jean de Luz)の夜景。
波の音が大きくて、ちょっとビックリ…。
でも、砂浜に沿って遊歩道があり、お散歩には最適。
「これが新婚旅行だったら盛り上がるよね~」とは相方(水野)の弁。

サン ジャン ド リュズのレストラン
サン ジャン ド リュズのレストラン、ル カイク(Le Kaiku)。
ミシュランガイドによると、この町で1番古い建物なのだとか。
海の幸とバスク料理、コースは30、50、70ユーロの3種類。
●Le Kaiku
17 rue de la Republique 64500 St Jean de Luz

食前酒
食前酒に選んだのはBiperという唐辛子のお酒。
甘くて、ほんのり辛味があって、香りがとても良かった。

シャンパン
僕は、食前酒にシャンパンをいただく。
今回の旅の最後の夜なので、少しだけ贅沢を。

アミューズ
前菜の前のアミューズ(amuse)。
日本風に言えば、「突き出し」や「小付け」のこと。

牡蠣
ここは海辺の町。
この季節、生牡蠣をいただかない訳には参りません。
小粒(No.2)だけど、美味しい!

生ハム
前菜第2弾は、イベリコ豚の生ハム。
スペインも近いせいか、本場の味を楽しむことができて嬉しい。
今までに食べた生ハムの中では、1番の美味しさ!

フォアグラ
前菜第3弾は、フォアグラのヴァリアシォン(いろいろ盛り)。
左から、フォアグラのガナッシュのマカロン、リキュールのソルベ、フォアグラのスライス、唐辛子のジュレ、フォアグラのキャラメル。
いろいろな味を、少しずつ楽しめるのが嬉しい。

オマール海老
主菜に選んだのはオマール海老と栗のタルト。
ぷりぷりのオマールと、ほっこり炊かれた栗が新鮮な組み合わせ。
あぁ~、秋だね~。

ひらめとセップ茸
ひらめとセップ茸のブッション(シャンパンのコルク)、大根おろしと森のクリームソース。
シャンパンのコルクの形と言うよりも、大きなきのこが3本という感じ?
茎の部分は白身のお魚で、笠の部分はお魚とセップ茸をつくねにしたもの。
お茶目で可愛い盛り付け。
味は大根おろしが効いていてイイ!

サン ジャン ド リュズのホテル
サン ジャン ド リュズで泊めていただいた「かもめホテル」。
港町にピッタリの、とてもいい名前でしょ?
L'Hotel -Villas Les Goelands
4 et 6 avenue d'Etcheverry 64500 Saint Jean de Luz

サン ジャン ド リュズのホテル
サン ジャン ド リュズの「かもめホテル」。
1番上の階のお部屋からは、大西洋を眺めることができます。
町の中心からは少し離れているけれど、おすすめの宿です。

サン ジャン ド リュズのホテル
泊めていただいた部屋からの眺め。
夕日も、夜景も、そして朝の景色も楽しめる。
ちなみに、宿から海までは歩いて5分くらい。

サン ジャン ド リュズのホテル
「かもめホテル」のサロン。
ここの朝ご飯はおすすめ。
クロワッサン、バゲット(baguette:いわゆる普通のフランスパン)、4種類のジャム、ドライフルーツ、果物、ヨーグルト、フルーツジュース、コーヒー、紅茶、ホットチョコなど。

サン ジャン ド リュズの浜辺
サン ジャン ド リュズ、朝の浜辺。
1人泳ぐマダムの姿。
うん、確かにそれほど寒くはない…。
でも、もう10月も下旬なんだよね…。

バスク地方、バイヨンヌの町
バスク地方、バイヨンヌ(Bayonne)。
フランスとスペインとの国境の町。
古くは街道の町として、また、その後は貿易港として栄えたところ。
その長い歴史のせいか、町全体がとても落ち着いて見えました。

バイヨンヌの町並み
バイヨンヌの家々は、バスク地方の他の村のそれと違ってカラフル。
まるで、子供がクレヨンを使って色を塗ったような可愛らしさ。

バイヨンヌの生ハム店
バイヨンヌの生ハム専門店、ピエール イバイヤルド(Pierre IBAIALDE)。
生ハムや唐辛子がダイナミックにぶら下がっています。
またここでは、その製造工程を見学することもできるとのこと(試食も)。
Pierre IBAIALDE
41 rue des Cordeliers 64100 Bayonne

カズナーヴ
創業1854年、老舗チョコレート屋店のカズナーヴ(Cazenave)。
名物のショコラ ムスー(Chocolat mousseux)お目当てのお客さんで、店内はいっぱい。
やはり皆、一度は飲んでみたいんだね~。
●Cazenave
19 arceaux Port Neuf 64100 Bayonne

バイヨンヌの町並み
バイヨンヌの町並み。
この色使い、パリでは見かけません。
以前、イタリアとの国境の町、マントン(Menton)に行った時にも、似たような色使いの町並みを見た。
南に下がると、町並みも陽気になるのかな?

バイヨンヌの町にて
バイヨンヌの町にて。
赤、青、白(博愛、自由、平等)の窓枠。

バイヨンヌの教会
バイヨンヌの町の、サント マリー大聖堂。
古い歴史を持つこの町のシンボルとも言える存在。

バイヨンヌの教会にて
バイヨンヌ、サント マリー大聖堂にて。
ステンドグラスの前にはベンチが置いてあり、ゆっくりと眺めることができる。
暗い教会の中でこうして静かに見上げていると、その美しさに圧倒される。

バイヨンヌ、教会の回廊
バイヨンヌ、サント マリー大聖堂の回廊。
こうして眺めると、とても美しい造詣だな~。

バイヨンヌの町にて
フランスとスペインとの国境の町、バイヨンヌ。
再びこの町を訪れることは、なかなかできないだろう…。
この美しい町並みを、しっかりと目に焼き付けておこう…。