025 ボルドーとバスクへ3/4

フランス、バスク地方、エスペレットの村
フランス、バスク(Basque)、唐辛子で有名なエスペレット(Espelette)の村。
今日は年に1度のお祭りで、小さな村も大賑わい!
ちなみに、バスク地方の道路標識は、フランス語とバスク語の併記。

エスペレットの村
バスク地方、エスペレットの村。
10月の終わりとは思えないほどに、緑豊かなところ。
そして、本当にのどか…。

バスク地方の家
エスペレットの村にて。
バスク地方の代表的なお家は大体こんな感じ。
真っ白な壁に赤茶色の窓枠。
ちなみに、バスクのシンボルカラーは、白と赤と緑とのこと。

エスペレットの唐辛子
これが有名な、エスペレットの唐辛子(piment d'Espelette)。
長さは15cmから20cmくらい。
大きくて真っ赤だけど、あまり辛くはない。

エスペレットの村の祭り
エスペレット村の唐辛子祭り!
いつもは静かな村なのでしょうが、今日はたくさんの人で大賑わい!

村の音楽隊
村の音楽隊。
やはりお祭りには、音楽がつきもの。

エスペレットの祭りにて
エスペレットの村の広場で、たくさんのお肉を焼くおじさん。
名物のイベントらしく、お肉が焼けるのを待つ人々の長い列が。

エスペレットの村にて
エスペレットの村。
広場の脇の小川のほとりで。
水も空気も澄んでいて、本当に美しい秋の1日。

屋台のクレープ屋
屋台のクレープ屋さん。
パリで食べるクレープとはちょっと違い、焼いた薄切りハムなどを挟む。
美味しそうな匂いにやられてしまいました…。

焼いたハム
地元のハムを焼いたもの。
サンドイッチかクレープに挟んでいただきます。
お祭り気分が盛り上がる味!

いか焼き
エスペレット村のお祭りの屋台で見つけた小さな小さないか焼き。
唐辛子とオリーブオイルのいい香り。

ぶどうジュース
15日前に収穫したばかりの今年のぶどうのジュース。
その場でコップ1杯から飲むことができる。
甘みが強くて美味しかった。

洋梨ジュース
こちらは、地元で採れた洋梨のジュース。
紙コップ1杯1ユーロ。

バスクの風景
バスク地方の風景。
バスクという地名は以前から聞いたことがあったけれど、いままで、その風景を想像することはできなかった…。

バスクの風景
「あぁ、あの丘の向こうは、もうスペインなんだ…」と思うと、感慨もひとしお。
思えば遠くへ来たもんだ。

サン ジャン ピエ ド ポールの村
サン ジャン ピエ ド ポール(Saint Jean Pied de Port)の村。
バスク地方特有の家々が並ぶ。

サン ジャン ピエ ド ポールの村にて
サン ジャン ピエ ド ポールの村にて。
穏やかな川面に秋の日が映って、とてもきれいだった。

サン ジャン ピエ ド ポールの村からの眺め
サン ジャン ピエ ド ポールにて。
村の頂にある城塞からの眺め。

サン ジャン ピエ ド ポールの村
サン ジャン ピエ ド ポールの村にて。
ここはその昔(今も?)、サンティアゴへと向かう巡礼者の宿場町。
そう言えば、木曽の妻籠宿や馬込宿にも、どこか似た雰囲気…。

宿屋の看板
サンティアゴへと向かう巡礼者のための宿屋。
巡礼者達がほたて貝を提げていたため、それがトレード マークに。

バスク地方、アイノアの村
バスク地方、アイノア(Ainhoa)。
「フランスの美しい村」に登録されている村。
ここもまた、1本の道の両側に家々が並ぶ、宿場町のような感じだった。

アイノアの村の教会
アイノアの村の教会。
その周りは、小さな墓地。

アイノアの村にて
アイノアの村にて。
夕方5時を過ぎて、秋の日もゆっくりと西に傾き始める…。

バスク地方、サールの村
バスク地方、サール(Sare)。
ここも「フランスの美しい村」に登録されている。
秋の日はつるべ落とし…。
のんびりしていたら、あっと言う間に日が沈んだ…。

サールの村の観光案内所
サールの村にて。
小さな村の、小さな観光案内所。
本日の営業を終え、すでに静まり返っていた…。