023 ボルドーとバスクへ1/4

フランスのtgvのカフェ
フランスの新幹線、TGVの車内にあるカフェ。
飲み物やちょっとした食べ物を買うことができます。

フランスのtgvのカフェ
TGVのカフェ。
とても明るい雰囲気。

サンテミリオンの村
ボルドー(Bordeaux)地方、サンテミリオン(Saint Emilion)の村にて。
泊めていただいた民宿。

サンテミリオンの菓子店
民宿の向かいにあったお菓子屋さん。
名物はマカロンやカヌレ。
甘い香りが辺りに漂って、道往く人も、思わず足を止める。

サンテミリオンのカヌレ店
サンテミリオンの村のカヌレ屋さん。
今回の旅ではたくさんのカヌレを食べたけれど、相方(水野)はこのお店のカヌレが1番美味しかったとのこと。
外側はカリッと固く、内側はカスタード クリームのように柔らかい。

サンテミリオンの村にて
サンテミリオンの村にて。
お天気にも恵まれて、小さな村は秋の香りでいっぱいだった。

サンテミリオンの村
サンテミリオンの村。
想像していたよりも、ずっとずっと小さな村だった。

サンテミリオンの村の広場
サンテミリオンの村の中心にある広場。
広場に面して数件のカフェやレストランがあり、それぞれのお店が広場の中にテーブルや椅子を出している。
お天気が良い時には、ここでお茶や食事が可。

サンテミリオンの礼拝堂
聖エミリオンが住んでいたのは、この小さな礼拝堂の地下にある庵。
サンテミリオンの村は、ここから始まった。

サンテミリオンの広場
サンテミリオンの村の真ん中にある広場。
これは夕方の様子。
お昼頃には食事をする人で、各テーブルもいっぱいだった。

サンテミリオンの村の民宿
サンテミリオンの村。
泊めていただいた民宿の部屋から。
相方(水野)はこの窓からの風景が見たくて、この宿を予約したのだとか。

看板
サンテミリオンの村で見かけた、とあるお店の看板。
天井から、うさぎやハムがぶら下がっている…。

サンテミリオンの村のレストラン
サンテミリオンの村のレストランで。
レストランと言うよりも、大衆食堂という感じ。
店員さんも気さく、お料理も美味しかった。

ぶどう畑
サンテミリオンにて。
村の周りはどちらを見てもぶどう畑が広がる。

コスモス
サンテミリオンの村で。
秋の日の午後、こんなテーブルでゆっくりとお茶を飲むのもいい。

プチ トラン
サンテミリオンの村にて。
ぶどう畑やワインの蔵元を巡るプチ トラン。

ぶどう畑
サンテミリオンのぶどう畑。
景色も良かったけれど、風の中に漂う秋の香りが素晴らしかった!
久しぶりに思いっきりの深呼吸。身体が蘇る!

ぶどう畑
サンテミリオンのぶどう畑。
見ため以上に起伏に富んだ土地。
そのため、それぞれの畑の日当たりや水はけ、地表近くの土壌などが異なり、結果、ワインの味や香りにも違いが出るのだとか。

ぶどう畑
サンテミリオンのぶどう畑。
この村には、小さな蔵元が多い。

サンテミリオンの蔵元
サンテミリオンの蔵元。
収穫が終わって一段落したのか、ひっそりと静まり返っていた。

リゾット
サンテミリオンの大衆食堂にて、本日のおすすめ料理「漁師のリゾット」をいただく。
本当は白身のお魚がのっているはずが、品切れで急きょスモーク サーモンに!?
魚介類たっぷりで美味しかった。

デザート
フルーツ スープのバニラアイス。
「このフルーツ、きっと、サンテミリオンのぶどうだよ!」
ここ最近で食べたデザートの中では、一番美味しかったかも。

マカロン
サンテミリオンの村のお菓子屋さんで見つけたマカロン。

マカロン
箱を開けたら、台紙(?)にマカロンが貼ってあった!
なお台紙は2枚で、計12個入り。

サンテミリオンの村
サンテミリオン。
本当に、ワインとともに営まれている村だった。
また、村の風景やぶどう畑を実際に見たことによって、サンテミリオンのワインにも、より親しみを持つことができた。