022 リヨンとペルージュ2/2

フランス、ペルージュの村にて
リヨン(Lyon)から30キロ程離れたところにあるペルージュ(Perouges)の村。
中世の面影を色濃く残す。

ペルージュの村
ペルージュの村には、電車もバスも通っていない…。
しかしそれ故に、昔ながらの美しさを現代(いま)に残すことができた。

ペルージュの村にて
ペルージュの村の直径は200m程。
どんなにゆっくり歩いても、全部見るのに1時間とかからない。
人口は約50人。
一時は、たった8人になったこともあるのだとか…。

ペルージュの通り
楕円形の村の中を、楕円形に回るリュ デ ロンド(RUE DES RONDES)。
文字通り、小さな村の中をクルリと一周する道。
なお、あまりにも小さな村なので、各戸に番地はなし。

ペルージュの村の家並み
泊めていただいた民宿の窓から。
シーズンオフの今、村の中を歩く人もなし…。
漂う秋の香りが心地良かった。

ペルージュの猫
猫:「あれ、どこに行くの?」
僕:「菩提樹の広場まで行きたいんだけど…」
猫:「それなら僕が案内してあげる。ついといで!」

猫
よいしょ、よいしょ…。

猫
よいしょ、よいしょ…。

猫
こっち、こっち! ほ~ら、見えてきた。

ペルージュ、菩提樹の広場
ペルージュ村の中心、菩提樹の広場。
写真には写っていないけれど、広場の真ん中に菩提樹の木が1本。
あとは、ホテルが1軒、レストランが2軒、お土産屋さんが3軒あるのみ。

ペルージュの村にて
村の家も、階段も、道も、みんな石造り。
本当に古そうなお家が多いけど、どこもきちんと手入れされてます。

ペルージュにて
ペルージュにて。
晩秋でも、お花の咲いているお家が多い。

ペルージュの紅葉
ペルージュの村にて。
秋の日差しに照らされて輝く草木の葉。

ペルージュのレストラン
ペルージュの村、菩提樹の広場にあるレストラン。
名物のガレットと発泡性のロゼワインをご馳走になっちゃった!

ペルージュにて
夕方、ペルージュの村の中をお散歩。
お天気が良ければ本当にきれいなんだろうけれど…。
でも、秋のシトシトと降る雨に濡れ、これもまた良し。

ペルージュのホテル
ペルージュ、菩提樹の広場に面したホテル。
とても趣きのある建物。

ペルージュのホテル
ペルージュの村のホテル。
1階はレストラン。
入り口にメニューが掲げられていたけど、なかなかいいお値段だった。

ガレット
ペルージュ名物の砂糖菓子、ガレット。
その昔、あまったパン生地を伸ばして、窯で焼いたことがその始まり…。
薄っぺらくて硬く、とても素朴な味。

果物
民宿の朝ご飯の果物。
まるで絵画のようでしょ?

リヨンの街とソーヌ川
フランス第2の都市、リヨン。
ソーヌ河沿いの街並み。

リヨン、フルヴィエールの丘から
リヨンの街の西にあるフルヴィエールの丘から。
リヨンの街はパリと違って、屋根が赤。

リヨンの旧市街地
リヨンの旧市街地。
ここは、街並み全体がユネスコの世界遺産。

リヨンの町並み
リヨンの新市街地から、ソーヌ河対岸の旧市街地を望む。
この街は、ソーヌ河とローヌ河の豊かな水に恵まれて、古くから商業都市として発達した。

リヨンのサン ジャン大司教教会
リヨンの旧市街地、サン ジャン大司教教会にて。
旅先で教会に入り、しばし時を過ごすのもいい。
とても心が和みます。

リヨンの街のブション
リヨンの街で、ブション(Bouchon)と呼ばれる庶民的なレストラン。
お世辞にもきれいとは言えないけれど、美味しいものがありそう…。
なお、お店の入り口の貼紙には…
「夜のみ営業、20時01分から」
「休みは日曜日、また都合により、ときどき月曜に休むこともあり」
…だって。
またこの他にも…
「うちは、急ぐお客はお断り」
…という貼紙も。 いいな~、この頑固そうなところ。