020 コート デュ ローヌの春2/2

南仏コート デュ ローヌの村
南仏、コート デュ ローヌ。
一面のぶどう畑の中に、小島のように浮かぶ小さな村。

南仏のぶどう畑
ワインの名産地、コート デュ ローヌのぶどう畑。
緑の葉が茂る頃は、さぞや美しいことでしょう。

南仏の田舎道
南仏の田舎道を往く。
行き交う車も少なく、のどか。
ただし、時折すれ違う車は、猛スピードでビックリ!

南仏をドライブ
ソー(Sault)の町から西へと伸びる地方道942号線。
道路の左側は垂直に落ち込む崖、高さ100mはありそう…。
しかもガードレールはなし!
南仏で唯一(?)、お薦めすることができない道…。

南仏をドライブ
地方道942号線の続き…。
時折現れる岩のトンネル。
こんな道が数キロも続き、終始、相方と「怖い、怖い」を連発することに。
「道を誤る」とは、まさにこのことか…。

フォアグラ
南仏、ヴェゾン ラ ロメーヌ(Vaison la Romaine)の町にて。
ミシュランで1つ星を獲得しているレストラン、Le Moulin a Huile。
前菜のフォアグラと、玉ねぎのピューレのパイ包み。
Le Moulin a Huile
quai Marechal Foch, route de Malaucene 84110 Vaison la Romaine

ほたて貝
Le Moulin a Huileのお料理、その2。
お魚料理は、ほたて貝かオマール海老のいずれかを選びます。
これはほたて貝。
こんなに大きなほたて貝を見たのは生まれて初めて。
熱を加えてもこんなに大きいって、生の状態では、一体どんな大きさ…?

オマール海老
Le Moulin a Huileのお料理、その3。
こちらは、オマール海老。
身は少ないので、むしろミソを楽しむという感じ。
見た目以上にさっぱりしたソースで、素材本来の美味しさを楽しむ。

仔羊料理
Le Moulin a Huileのお料理、その4。
お肉料理は、仔羊か鳩のいずれかを選びます。
仔羊は、外側はカリッと、内側はジワッと、美味しかった!

鳩料理
Le Moulin a Huileのお料理、その5。
こちらは、鳩。
歯ざわりと申しましょうか、歯ごたえと申しましょうか、その絶妙さに感激!

ル バルーの村からの眺め
南仏、ル バルー(Le Barroux)村の眺め。
何もない、小さい小さい村だけど、そこが私達のお気に入り。

モンブラン レ バンの村
南仏、モンブラン レ バン(Montbrun les Bains)の村。
ここは「フランスの美しい村」に登録されている。

南仏の教会
山あいの、小さな村の教会。
時折響く鐘の音が、この村のリズムを作っているかのよう…。

雲
特に行く当てのない私達と同様、白い雲も、風に吹かれて静かに流れて行きました…。

ソーの町の教会
ラベンダーで有名な、ソーの町で。
お散歩していたら、小学校3年生くらいの女の子達に声をかけられました。
女の子達:「ねえねえ、あなた達、中国人?」。
私達:「いいえ、日本人です」
女の子達:「えっ! じゃ、知ってる? ○×$&#△%*…!」
私達:「ええっ!?(早口で全然わからないんですけど…)」

ミルフィーユ
Le Moulin a Huileのお料理、その6。
デザートは、特製ミルフィーユか、お花のソルベを選びます。
写真は、特製ミルフィーユ。
相方(水野)曰く…
「帯広名物、六花亭さんのマルセイ バターサンドを美味しくした感じ!」
…とのこと。

ソルベ
Le Moulin a Huileのお料理、その7。
こちらは、お花のソルベ(sorbet:シャーベット)。
ジャスミン、ローズ、ビオレ(すみれ)の3種類。
どれも素晴らしい花の香り。

トマトジュース
小さな村のロッジで飲んだトマトジュース。
タバスコやコショウを少々入れていただきます。
なお、日本では考えられないような、濃いブルーの瓶。
トマトジュースが入っていた時には、真っ黒に見えました!
ラベルにトマトの絵が描いてなかったら、中身が何だか判らない?

チーズ
小さな村の「見晴し食堂」で食べたチーズ。
ヤギのチーズに、南仏はカマルグ湿原で採れたお塩が混ぜてある。
さらに、同じく南仏特産のオリーブオイルと、トマトがチョロリ。

アイスクリーム
同じく「見晴し食堂」で食べたアイスクリーム。
中はバニラとフランボワーズの二段重ね。
その外側に、クレーム シャンティ(creme Chantilly)が塗ってある。
さらに、ほおずきと苺、それにアーモンドが少々。
「あ~、もう食べれません…」と言うくらい、お腹いっぱいに…。

南仏の村にて
僕は田舎で生まれ育ったので、静かでのんびりしたところが好み。
吹く風の中に、土の香りや薪を焚く匂いが漂ってくると、心が和みます。

南仏の村の小径
村の小径。
人ひとりが通れるくらいの細さ。
この先に見えてくる風景が楽しみ…。

南仏の村の小径
小さな村を、のんびりお散歩…。
私達2人の旅のスタイル。

南仏の村にて
小さな町や村に求めるもの…。
美しい自然? 素朴さ? それとも心のやすらぎ?
いずれにしても、私達の小さな村巡りは、まだまだ続きそうです…。

南仏の春
南フランスの春。
ポカポカと暖かい日差しに、清々しい風…。
花咲く丘に腰をおろし、美しい風景を眺める。
本当に贅沢な、旅の時間…。