008 パリから東へ、そして西へ

プロヴァンの町
フランス、プロヴァン(Provins)の町にて。
微妙に曲がった柱や梁、窓枠などが芸術的?

プロヴァンの看板
プロヴァンの町で見かけたレストランの看板。
右手にハム、左手にナイフを持つシェフ。

プロヴァンの町の教会
町全体が世界遺産に登録されているプロヴァン。
夕日に染まるその風景は、まるで絵画のよう…。

パリからドライブ
パリ郊外へのドライブ。
今日は1日中、雪が降ったり止んだり。

モンサンミッシェル
世界遺産に登録されているフランスのモンサンミッシェル(Mont Saint Michel)。
少し離れたところから眺めると、より一層美しい。

モンサンミッシェルと修道院
フランス、モンサンミッシェル。
修道院とその周りにあるホテルやレストラン。
建物が山のように折り重なって。

モンサンミッシェルの参道
モンサンミッシェルの修道院へと続く参道。
両側にはお土産屋さんが軒を連ね、なんだか湘南の江ノ島みたい…。

ブルターニュ、ディナンの町
ブルターニュ地方の小さな町、ディナン(Dinan)。
昔のままの姿が、いまも大切に保存されています。

ディナンの港
ディナン。
ここはその昔、川の港町として栄えたところ。
しかし現在はその役割も終え、ひっそりと静まり返っている…。

軽油
ディナンの港にあったガソリン スタンド。
これは、舟に給油するためのもの。
ちなみにGAZOLEとはフランス語で軽油のこと。

フランス、サン マロの港
フランス、ブルターニュ地方、サン マロ(Saint Malo)の港。
かつては、フランス一の港町だったのだとか。

猫達
フランス、旅先で出会った猫たち。
じゃれ合いながら、追いかけっこをしていました。

フォルクスワーゲン
古いフォルクスワーゲン。
あらためて見ると、とても可愛い車。
パリ、フォーブル サンタントワーヌ通りにて。

パリ、クリニャンクールの蚤の市
パリ、クリニャンクールの蚤の市にて。

クリニャンクール蚤の市、アンティーク店
アンティークのカフェオレボウルやジャムポットなど。
パリ、クリニャンクールの蚤の市にて。

パリの花屋
近所にあるお花屋さんのジュディさん。
ブーケを作っていただきました。

ブーケ
仕上がりは、とても自然な感じ。

パリのコサージュ
造花(fleur)作りの老舗、レジュロン(Legeron)のアトリエにて。
コサージュの花びらを打ち抜くための道具。

コサージュの染料
花びらを染めるための染料。

コサージュの花びら
打ち抜かれ、染められた、花びら。

パリの雪景色
パリにも雪は降ります。
ひと冬に2~3回、積雪は3~5cmくらい。

セーヌ川クルーズ
冬のセーヌ河。
寒いので遊覧船に乗る人も少ないようです。

絵本
パリの絵本。

クレープ
友人に、クレープの上手な焼き方を教えてもらう。
表面がちりめんのように、ちぢれているのが上出来の証し。
もともとクレープ(crepe)とは、細かな縮みじわをつけた薄手の織物(ちりめん)のこと。

パリ、サンシュルピス教会にて
パリ6区、サンシュルピス教会(eglise Saint Sulpice)。