004 南仏の美しい町や村を訪ねて

リル シュル ラ ソルグの町
南仏、運河に囲まれた美しい町、リル シュル ラ ソルグ(L'lsle sur la Sorgue)。
お昼時ともなれば川沿いのカフェは満席に。

リル シュル ラ ソルグにて
リル シュル ラ ソルグの町にて、水遊びをする子供達。
お家の裏にこんなにきれいな川が流れているという贅沢。

ペリエ
強い日差しの中、リル シュル ラ ソルグの蚤の市を廻った後にカフェで一休み。
乾いた喉にスカッと爽やか。

リル シュル ラ ソルグの駅
リル シュル ラ ソルグの無人駅。
乗る人も、降りる人もなく、とても静か。
ただ強い日差しが照りつけるだけ…。

ユゼスの町にて
南仏、ユゼス(Uzes)の町で見かけた看板。

南仏の木陰
南仏、小さな町の木陰で。
心地よい風が静かに、そして穏やかに吹いていきます…。

ユゼスの町の子供達
ユゼスの町を走っていく子供達。

ユゼスにて
ユゼスの町で見かけたお家の扉。

南仏の雑貨店
南仏には、オリーブやラベンダーから作った石鹸などを売る雑貨屋さんがたくさん。

レ ボー ド プロヴァンス
南仏、レ ボー ド プロヴァンス(Les Baux de Provence)の村。
アヴィニヨン(Avignon)の町からバスを2本乗り継いで。

レ ボー ド プロヴァンスにて
レ ボー ド プロヴァンス。
村の画材屋さん。

レ ボー ド プロヴァンスの家々
レ ボー ド プロヴァンスの村。
岩山の上に、家々が折り重なるようにして立つ。

サン レミ ド プロヴァンスのカフェ
南仏、サン レミ ド プロヴァンス(Saint Remy de Provence)のカフェ。
日の当たる、明るい中庭のテーブル席。

ユゼスの町の手芸店
ユゼスの町の手芸屋さん。
素朴で可愛いチロリアンテープを買いました。

南仏の家
南仏の建物は、パリのそれとも違う色使い。

ゴルドの村のマルシェ(朝市)
南仏、ゴルド(Gordes)の村の小さなマルシェ(朝市)。
1房買って食べたぶどうは、忘れられない味になりました…。

ゴルドの村の猫
ゴルドの村のマルシェ(朝市)で店番をしていた猫。
ここでは、人ものんびり、猫ものんびり。

ゴルド遠景
ゴルドの村を離れた所から見ると、まるで映画「天空の城ラピュタ」のよう…。

南仏リュベロン地方
ゴルドの村から見下ろすリュベロン(Luberon)地方の眺め。
ここは、小説「南仏プロヴァンスの12か月」の舞台。

ユゼスのカフェにて
ユゼスの町のカフェにて。
フルーツのジュースと、ピスタチオのアイスクリームでひと休み。

アヴィニヨン
夕暮れの、アヴィニヨン(Avignon)の町。
在来線のアヴィニヨン中央駅にて。

プチトラン
ローヌ河を挟んでアヴィニヨンの対岸にある、ヴィルヌーブ レ ザヴィニヨン(Villeneuve les Avignon)の町。
観光用の乗り物、プチ トランが町中を走る。

サン ベネゼ橋
「橋の上で、踊ろうよ、踊ろうよ~」の歌で有名なアヴィニヨンの橋。
正式にはサン ベネゼ橋(pont Saint Benezet)という。
実際には、橋の上で踊れるほど広くはない…。

アヴィニヨンのレストラン
アヴィニヨンにあるレストラン、クリスチャン エティエンヌ(Christian Etienne)。
お昼ご飯のコースは30ユーロ(約4,200円)くらいから。お薦め!
Christian Etienne
10 rue de Mons 84000 Avignon

レストラン クリスチャン エティエンヌ
南仏プロヴァンス特産のメロンを使ったシャーベット。
レストラン、クリスチャン エティエンヌにて。