パリの日本人が欲しがる日本のお土産あれこれ

416 日本のお土産

1年半ぶりに帰省した日本で、美味しいものをたくさんいただきました。

母の手料理や旅館でいただいた季節の味、焼肉、お寿司、お好み焼、とんかつ、ラーメン、ケーキなど…。
中には、パリでも食べることができるものもあるけれど、やはり日本で食べる方が、ずっとずっと美味しいのです。

なお今日は、日本のお土産としてパリに持ち帰ったり、日本からパリに郵送した食べ物をご紹介したいと思います。

●デパ地下で買ったもの
日本のデパートの地下の食料品売り場は、もう~買い物天国。
あらためて、日本の食糧事情の素晴らしさを実感しました。

●スーパーマーケットで買ったもの
賞味期限の短い(日持ちのしない)ものは、出発前日の夜に近所のスーパーマーケットで買いました。

●無印良品のお店で買ったもの
パリにも無印良品(MUJI)のお店はありますが、日本のような食料品はありません。

●相方(阿部)の実家に帰省した際に買ったもの
パリでお留守番をしている相方へのお土産に、故郷越後(新潟)の味を選びました。

●出発直前、成田空港で買ったもの
成田空港内の売店には、海外在住の日本人の心を「グッ」とつかむ、素晴らしい品物が揃っています。

以上、ちょっと変な内容ですが、日本を離れて暮らす私達が食べたくなる味って、こんなものなのです(見れば見るほど庶民的…)。