フランス人女性のアドバイスによる産院選び

400 何よりもまず産む場所を

日本では産婦人科の医師が少なく、お産ができる病院が減っていて、予約をするのも大変だと聞きました。
ここパリでも、妊娠したかな?と思ったら、できるだけ早く産院を予約しなければなりません。

そのためには妊娠判定薬を薬局などで購入し、自分で確認します。
婦人科の先生はすぐに予約が取れないこともあり、先生の妊娠診断を待っていては遅くなってしまうからです。

特に、医療技術や医療体制が整っていて、検診も出産も無料(健康保険でまかなわれる)の市民病院は、すぐに予約をしないと8か月以上先のお産でもいっぱいになってしまうと言います。

また、人気ランキングの上位にある産院は、妊娠しているかどうかもわからないうちから予約する人もいるとか(!)。

私の場合は、5週目(排卵日から数えて)の頃に、友人に「どこの産院が良いかなぁ~?」と相談しました。

「それなら断然、リラ(Lilas:パリの東にある隣り町)の産院! 友達もほとんどがそこで出産していて、みんなとても良かったって言ってるよ。でも5週目じゃ、もう遅いかもしれないから、明日にも電話で予約をしないと! 良い病院を望むなら急がなきゃダメ!」

…とのこと。

教えてもらった産院は、私立病院でありながら市民病院と同様の医療体制と料金で、また、1人1人の妊婦さんをじっくり診てくれて、水中出産や自由な体勢で出産するなどの出産方法も選べる…と、なかなかの評判。

家からは少し遠いけれど、試しに電話をしてみたら予約を入れることができました。
友人からは「ブラボー! よく予約が取れたね! よかったね!」と。

まだ赤ちゃんの心音も確認していないし、きちんと妊娠できているのかもわからない状態でしたが、とりあえず産む場所だけは確保することができました(その後、事情があって、せっかく予約したこの産院をキャンセルし、近所の市民病院に変更することになったのですが…)。