フランス コルマール

397 いつか旅立つ日のために コルマール編

私達2人がいままでに出かけたことのある場所の中から、いつの日か皆さまがフランスを旅される時に、是非訪ねていただきたい町や村、立ち寄っていただきたい場所やお店などをご紹介する「いつか旅立つ日のために」。
今回はフランス東部、アルザス地方(Alsace)にあるコルマール(Colmar)の町をご紹介いたします。

コルマールは、アルザス地方の中心地、ストラスブール(Strasbourg)の街から南に約80キロのところにあります。

旅に出る前は、ストラスブールもきれいな街だと伺っていましたが、やはりフランス東部第1の都市であり、また、EU諸国の中心とも言うべき本会議場があることなどから、とても都会的な街になっていました(歴史的な景観を残す地区もあります)。

一方、コルマールは、長い歴史の中でも戦災に遭うことなく、古い町並みがいまも残るところ。
美しい木の梁や、淡いピンク、薄い黄色の壁など、本当に可愛らしい家々が並んでいます。
その様子は、おとぎの国のよう…。
日本のどこかにあるテーマパークのような町並みが、現実のものとして存在しています。

また、町中をゆったりと流れる運河も良い感じ。
清らかな流れ…という程ではありませんが、木製の小舟が浮かんでいたり、ガーガーと鳴きながらカモ達が水面を泳ぐ風景は、見ていて心が和みます。

日本からお出かけになるには少々遠い道のりですが、ストラスブールまでお出かけになる方は、是非、コルマールまで足を延ばしていただきたいと思います。

さらに、コルマールの町の可愛らしさに加えて、田舎の静けさや素朴さも味わいたいとお考えの方は、コルマールの近郊にあるカイゼルスベルク(Kaysersberg)やエギスアイム(Eguisheim)の村も訪ねてみてください。
美しい山裾に広がるぶどう畑の中に、小さな宝石のような村々が点在するその風景は、忘れられない旅の想い出になるものと思います。

皆さまが、いつか旅立つ日のために…。
それでは、また。

コルマールの観光情報
カイゼルスベルクの観光情報
エギスアイムの観光情報