フランスへの飛行機 飛行時間と過ごし方

395 パリへのフライト

日本からフランス パリへと向かう飛行機の、飛行時間は約12時間。

また、日本からフランス パリへと向かう飛行機の多くは、以下の2つの時間帯に飛んでいます。

  1. 日本をお昼頃(前後)に発って、パリに同日の夕方に到着する便
  2. 日本を夜中に発って、パリに翌日の朝方に到着する便

もし、1.の「パリに同日の夕方に到着する便」にお乗りになった場合には、機内では無理にお眠りにならない方が良いかも知れません。
また、パリに到着し、ホテルにチェックインなさっても、すぐにはお眠りにならず、夜10時頃まで起きていらっしゃることをお薦めします。
そして、夜10時以降にぐっすりとお眠りになれば、日本とフランスとの時差の影響をあまり受けることなく、翌日から元気に行動することができると思います。

一方、2.の「パリに翌日の朝方に到着する便」にお乗りになった場合には、離陸後、しばらくしたらお眠りになり、目覚めた頃にはパリの朝…という過ごし方が良いように思います。

でも、このコラムをお読みになったからといって、無理にそうなさらないでくださいね。
眠いのに我慢して起きていたり、眠くないのに無理して眠ろうとすると、そのことがストレスになってしまいますから。
あまりこだわることなく、自然体で楽しくお過ごしくださいますように。

それでは、ボン ボヤージュ(bon voyage:いい旅を)!