フランスの食材を使って山盛りサラダを作る

358 パリの山盛りサラダ

パリに住むようになってから、食生活が変わりました。
東京にいた頃には、寝るためだけに自宅に帰るようなサラリーマン生活だったので、平日は外食が中心…。

しかし現在は、日曜日のマルシェ(朝市)で買うたくさんの野菜を中心に、毎日3食、自宅で食べています。

中でも、よく食べるようになったのがサラダ。
昼食と夕食には、ほぼ毎回登場します。
それも、台所にある1番大きなサラダボウルいっぱいに作るので、本当に山盛りです。

なお、パリに来て以来、時々どなたかのお家にお呼ばれをして手料理をご馳走になることがありますが、そんな時、必ずと言っていいほどサラダが出され、美味しい手作りドレッシングが添えられています。

そして、その美味しさに毎回感動しているうちに、私もいろいろと試しながら、ドレッシングを作るようになりました(市販のドレッシングもありますが、日本のようにたくさんの種類はありません)。

さて今日は、我が家のサラダをご紹介。

●サラダの主役

●必ず入れるもの

●その時の気分で入れるもの

●ドレッシングの材料

そして、ドレッシングの材料を蓋のできる小さな瓶に入れてよく振ります。

さらに、サラダの材料をボウルにすべて入れたら、ドレッシングをかけ、フォークやスプーンなどを両手に持って、十分に和えます。

上記以外にも、その時のあり合わせの材料で作ればいいし、ほんの数分で簡単にできるので、おすすめです。