フランス パリでは食べられない日本食を日本で

283 あれもこれもの1週間

わずか1週間の滞在でしたが、1年4か月ぶりに日本に帰りました。
本当は、もっと頻繁に帰ることができれば良いのですが、今の私にとっては日本に帰るのも海外旅行。
旅費もかかるし、仕事も休まなければならないので、そうそう帰るわけにもいきません…。
そのため、「日本に帰ったら、あれがしたい、これが食べたい!」と思っていたことを、この1週間で一気に楽しむことに。

まずは、うわさに聞いていた岩盤浴!
15種類のお風呂のほか、垢すりやマッサージもあるスーパー銭湯での初体験。
温められた石の上にゴロンと横になって25分間、たっぷりと汗を流して、本当に気持ち良かったです。

続いては、本屋さんでの立ち読み。
パリにも日本の本屋さんはありますが、なかなかゆっくり見ている時間はありません…。
そこで今回は、心行くまで立ち読みを楽しむことにしました(数時間!)。
また、それでも時間が足りなかったので、10冊以上の本を買って帰ることに。

その次は、大好物のレバ刺し!
最近はどこの焼肉屋さんにもあるというわけではないようで(狂牛病のせい?)、前回帰国した際も食べ損ねてしまったのです…。
そこで今回は、前回の分も合わせて2皿を注文。
しかし、たくさんのレバ刺しを前にして嬉々としている私の姿は、一緒に行った家族にも、また焼肉屋さんの店員さんにも、ちょっと怖い人(?)に映ったのかも…。

そして、最後はラーメン。
私は出汁(だし)が効いて、にんにくがたっぷり入った油ギトギトのラーメンが大好き。
パリにもラーメン屋さんはありますが、比較的おとなしい(?)ラーメンが多いのです。
そこで今回は、東京の渋谷にある「一蘭(博多ラーメン)」さんの味を堪能してきました。
もう、本当に美味しかったです。

なお、それでも食べることの出来なかったものは、スーツケースに詰め込んでパリに持ち帰ることに。
あんぱんやかつおの酒盗、さんまの姿煮など、パリではなかなかお目にかかることのできないものばかり。
これからしばらくは、日本の余韻に浸りながら、また頑張りたいと思います。