世界最強のパリのガイドブック

240 世界最強のガイド

日本にいる義母から、時々、日本の雑誌が送られてきます。
それは、パリが特集されている女性向けの雑誌。

そして、それらの雑誌を手にするたびに、いつも、本当に、驚いてしまいます。
雑誌にしては高価な値段、使われている上質な紙、飾りたくなるほどに美しい表紙、コピー(キャッチフレーズ)の巧みさ、パリについて割かれたページの多さ、素晴らしく美しい写真の数々、そして、記されている情報の多さと濃さ…。
さらには、「超細密パリマップ」なんていう付録がついていたり、「達人がこっそり教える秘密のパリ」なんていうコラムがあったりして…。

そして、この街に住む僕からすると、本当によくここまで調べてあるな~と関心してしまいます。

また、この街で生まれ育ったパリジャン、パリジェンヌに見せても、皆、ビックリしています。

「えっ! そうなの? 私、知らなかったわ…」
「こんなお店が出来たんだ! 今度、行ってみよう~」
「お店の通りや番地だけでなく、営業日(休業日)や営業時間(昼休みを含む)まで載っている!」

本当に、よくぞここまで調べてくれましたという感じなのです。
まさにこれは、世界最強の(?)パリガイド。

日本から送られてくるこれらの雑誌を手にするたびに、今の日本の凄さを感じずにはいられません。