パリで人気のインテリアは味気ない?

166 平らな家具って?

皆さまは、スウェーデン生まれのインテリアのお店、イケア(IKEA)をご存知でしょうか。
家庭で使用する家具や台所用品、雑貨などを扱う人気のお店です。
フランスには17店舗、パリ近郊だけでも6店舗の大型店があるそうです。

先日、パリのシャルル ド ゴール空港近くにあるお店に行ってみたのですが、洗練されたデザインや美しい色の家具がたくさん並んでいました。
また、広大な売り場の中には幾つものモデルルームが作られていて、イケアの家具を使ったお洒落な生活空間が演出されていたのです。
その上、お値段もとっても手頃なので、若者達には人気があるようでした。

ところがその一方で、イケアの家具を「平らな家具」と呼び、あまり好まない人達もフランスにはいらっしゃるようです。
「平らな家具」という言葉には、「合板とネジを使って組み立てる、安物の味気ない家具」という意味が込められているのだとか…。
事実、イケアの家具の多くは、数枚の板とネジからなる組み立て式なのです。

やはりこれは、古き良き(アンティークの)お品物を愛でるフランスならではなのかも知れません。