134 フランスの学生寮を探検

昨年、パリで知り合ったリサさんを訪ねて、パリの南、ソー公園の近くにある学校の学生寮にお邪魔しました。
この学校は、フランスのエリート養成学校のような位置づけになっており、9割近くの学生は学校の敷地内にある学生寮で生活しながら勉強しているのだそうです。

日本の学生寮にも入ったことがない私にとっては、ちょっとした探検気分。
寮に住む学生数は600人以上とのことで、その建物は何棟にも分かれていました。

しかしながら、男女別に建物が分かれているわけではないため、隣り部屋に男子学生が住むリサさんにとっては、なかなか大変なこともあるようです。
その1つがシャワー。
2人で1つのシャワーを共同使用しなければならないのだそうですが、皆が皆きれい好きとは限らないので、それはそれは辛そうでした…。

また、全学生に対して洗濯機が数台しかなかったり、朝方はシャワーの出が悪く、かつ、温るかったり、共同トイレの個室の鍵はほとんどが壊れていたり、しかも、お手洗いなのに手を洗う水道がなかったり…と、不便なこともたくさんあるのだそうです。

ただし、リサさんのお部屋の中は、大きな窓に大きな机、ベッドにクローゼット、洗面台などがそろっていて、なかなか快適そうでした。
また、今の季節は窓から明るい日差しが差し込んで、外には緑いっぱいの景色が広がっています。
ここは、勉強をするにはなかなか良い環境なのかもしれません。

楽しいことも、また、大変なこともいろいろあるようですが、ここで頑張るリサさんを私はあらためて尊敬!するのでした。