132 いま、ここに居ればこそ

先日、デザイナーのジェローム グリュエ(Jerome GRUET)さんにお会いしました。
当店のおすすめショップのページを作成するために、インタビューをさせていただいたのです。

ジェローム グリュエ(JEROME GRUET)は、数年前、私が初めてパリを旅した時に一目惚れをして買った思い出のバッグ。
その後、通勤にも、遊びにも、また旅行の時にも使ってきた、大好きなバッグです。
そのバッグのデザイナーさんにお会いすることが出来るのですから、インタビュー当日までの間、ずーっとドキドキしていました。

そして当日。
パリのサン トノーレ(Saint Honore)にあるブティックにお邪魔したら、TシャツにGパン姿で私達の前に現れたジェロームさん。
決して大柄ではないけれど、体格はがっしりしていて顔の彫が深く、そして何よりも元気!というのが第一印象。

また、お話をお伺いするうちに、さらにその印象は広がっていきました。
少年の様に好奇心が強く、そして行動力があるパワフルなイメージ。
また、意外にもよくしゃべる、気さくな方でもありました。

さらに、デザインに関するジェロームさんの考え方にも、すっかり共感してしまいました。
彼のモットーは説明が必要な美しさではなく、一目見て美しい!と感じることの出来るデザインをすること。
古いものと新しいもの、自国のものと異国のものといった、異質なものを組み合わせることによって生まれる新鮮な美しさに注目しているのだそうです。

そして、そんなお話を伺いながら、ジェロームさんご自身にも、野生的な魅力と生まれ育った家柄の良さからくる上品さという、相反するものがうまく組み合わさっているように感じました。
今までも、そしてこれからも、デザインという仕事に何らかの形で関わっていきたいと思っている私にとって、パリでデザイナーとして活躍されている方にお会いしてお話をお伺いするということは、日本にいた時には想像することも出来なかった幸せなこと。

また今までに、当店を通じてご紹介してきた何人もの方々へのインタビューを終える度に、お金では買うことの出来ない、貴重な何かを得ていることに喜びを感じています。
そして、その貴重な何かを、当店のサイトをご覧いただいている皆さまに、少しでもお伝えすることが出来れば嬉しく思います。