130 これがホントの…

土曜日のお昼、モンマルトル界隈に出かけました。
日差しが強く、暑いくらいのお天気ということもあって、地元の人や観光客でとても賑わっていました。
また、メトロ(地下鉄)12号線、アベス(Abbesses)駅近くの広場では蚤の市も開かれていて、ちょっとしたお祭りのよう。

そして、ぶらぶらと蚤の市を覘いていた時のこと。
ふと目に留まったのは、ピンクとブルーのカフェオレボウル2つ…。

しかし、それらは蚤の市のお店に並んでいたのではなく、すぐ側のパン屋さん&カフェのテラスでお食事中だったお客さんの前に置いてあったのです。
そしてその中には、なみなみとカフェ オ レが注いであるらしく、文字通り、カフェオレボウルとして使われていました。

パリの人が、ボウルでカフェ オ レを飲んでいるところに初めて遭遇した私達。
何食わぬ顔でそろりそろりと近づいて、ボウルを覗いてみました。
すると、ボウルの縁にはいくつもの欠けがあり、しかも、ヒビまで入っています…。
パリジャン、パリジェンヌは、こんなに傷んだボウルでも、普通に使ってしまうのですね(しかもお店で!)。

すっかり、カフェオレボウルに魅せられた私達。
早速、そのパン屋さん&カフェでお昼ご飯をいただくことに。
そして、縁が欠け、ヒビの入ってボウルにカフェ オ レを注いでもらい、心往くまでカフェオレボウルを楽しみました。

コクリコ(Coquelicot)
24 rue des Abbesses 75018 Paris