127 そこに窓が欲しいから

フランス人の多くは、お家やお部屋に関することの多くを、自分の手でやってしまうのだとか。
これは、専門の方にお願いしたら、その費用が高いから…という理由もあるのでしょうが、それ以上に、自分でやることが当たり前になっている様です。
例えば、ドアや窓が壊れた時の修理や、鍵の付け替えなどは勿論のこと、ちょっとした水回りの修理や電気のことまで…。

先日も、ある仕入先にお邪魔した時のこと、ご主人と奥様が揃ってお店の壁のペンキ塗りをなさっていました。

「ご自分でなさるのですか!?」

…と驚いて聞く僕に対して…

「当たり前よ!」

…という表情で、スポンジに染みこませたペンキをペタペタと壁に塗って見せてくださいました。

また、聞くところによると、お家やアパートの持ち主(家主)さんはもちろんのこと、そのお家やアパートの部屋を借りている人であっても、お部屋の壁の色をペンキで塗り替えたり、壁を打ち抜いて間取りを変えてしまったり(!)するのだとか。

そして、先日、実際に目にした光景でもっとも驚いたのは、ゴンッ! ゴンッ! バラバラ…という大きな音とともに、目の前の建物の壁にポッカリと穴が開き、中から人の手や顔が出てきたこと!
なんと、建物の壁を打ち抜いて、そこに窓を作っていたのでした!
分厚く、硬い壁に穴を開けてしまうなんて、もう、その熱意には脱帽です。
その彼は、絶対そこに窓が欲しかったのでしょうね…。