125 パリ、おしゃれのポイント

ファッションやおしゃれにご興味がお有りの皆さま、お待たせいたしました。
今回は、パリの街中で見かける、おしゃれのポイントについてお話いたします。
と言っても、今年の流行や某有名ブランドのファッションショーのお話ではございません。

しかし、パリの街中で見かける、「私はおしゃれに気を使っています」という人に共通する、大切なポイントです。

それは、パンツの裾の長さ。
今、パンツをはいているそこのあたな、ちょっと立ってみてください。
そして、パンツの裾がどれくらいの長さであるのか、確認してみてください。

パリジャン、パリジェンヌの中で、「この人はおしゃれだな~」と思う人の多くが、パンツの裾の長さが絶妙なのです。
靴を履いている状態で、地面に触れるか触れないかのギリギリの長さ。
若い女の子の中には、裾が完全に地面に着いている子もいるくらい。

もちろん日本でも、気を使っている人はいらっしゃるのでしょうが、その割合は、明らかにパリの方が多いと思います。
そして、この絶妙な長さこそが、格好良さのポイントの様です。

普段から、おしゃれに気を使っていらっしゃる、あなた。
いま一度、ワードローブを総点検してみてください。
どんなにいいお洋服を着ていても、また、有名ブランドのバッグを提げていても、パンツの裾が短いと、もう台無しです。
そして、一旦気になりだすと、いても立ってもいられなくなるはずです。
パリ、見る方はしっかり見てますぞ…。