124 そんなマルシェのエトセトラ

毎週木曜日と日曜日の午前中、近所のマルシェ(朝市)に行くのが私の楽しみの1つです。
季節が変り、店先に並ぶ野菜や果物も随分と春らしくなって来ました。
今日は、そんなマルシェ(朝市)のお店と品物をご紹介したいと思います。

●ハーブ屋さん
ミントやバジルなどの、生のハーブを束で売っています。
日本にいる時には使い慣れなかったハーブですが、パリに来てからは気軽にサラダなどに使うようになりました。

●お芋屋さん
マルシェ(朝市)にはじゃがいもや玉ねぎ、にんにくなどを専門に売るお店があり、私はいつも優しいマダムのいるお店で買っています。
お客さんの多くはキロ単位で買っていく様ですが、私は5~6個です。
なお、お店にはじゃがいもも、玉ねぎも、少なくても4~5種類以上は並んでいます。
今日買ったじゃがいもは、モナリザという名前。
1番安いものだけど、日本の男爵をもっと黄色く、また味を濃くしたような、少し粘り気のある美味しいお芋です。

●八百屋さん
いつも長い列が出来ている人気のお店で買っています。
当たりはずれの多い果物も、このお店の品物なら大丈夫。
なお、いまだに名前を覚えることが出来ない野菜は、指を差して取ってもらいます。
また、名前を覚えていても、いまだに通じないこともありますが…。

●お肉屋さん
渋くてカッコイイご主人の馬肉専門店です。
ステーキ用のお肉を2切れ買って、その日の夕ご飯にいただきます。
焼き過ぎても、また生焼けでも美味しいお肉です。
味付けはカマルグのお塩(塩の花)と胡椒がおすすめ。
ワインやバターを使ってソースを作ることもあります。
私達はしばらく馬肉とは気づかず、「なんて美味しい牛肉なんだ!」と思っていました。

●チーズと卵のお店
6個入りの紙製の卵ケースがあるお店。
ケースには可愛いイラストが印刷されていて、そのパッケージを目当てに卵を買っています。
しかし最近は、無地のケースの時もあり、そんな時には買おうか買うまいか迷ってしまいます。
なお、卵は30個くらいまとめて買うと安い様です。

以上が、私がいつも利用しているお店と買い物です。

なお、たまには初めての食材に挑戦してみたり(これが結構面白い!)、お魚や生牡蠣、蟹などを買ったりすることもあります。
また、ついついあれもこれもと買ってしまうので、自宅に帰る頃には、マルシェのかごはズッシリと重くなってしまいます。
さ~て、お昼ご飯が楽しみだな~。