123 野も、山も

日本から桜の便りをいただくとともに…

「ところで、フランスの春は、どんなふうに始まるのですか?」

…というご質問がありました。

しかし、パリの街中には思いのほか花が少ないので(その多くは公園の花壇に植えられたお花…)、その答えに困っていたのです。

そこで、先日出かけた短い旅の中で、フランスの田舎の風景をじっくりと眺め、その答えを探してみることにしました。

まず初めにお伝えしたいのは、野山の新緑です。
穏やかに連なる山々は、木々の芽吹きによる美しい新緑に覆われています。
決して濃い緑ではなく、緑の中に少し白を溶かし込んだような、うっすらと白い緑なのです。

そしてまた、その新緑の中にポツリ、ポツリと真っ白な花を咲かせた木が見えます。
これは桜の木。
日本の桜は少しピンクがかったものが多いように思いますが、フランスの、この地方の桜の花は真っ白でした。

シルヴァンさんのお話によると、昔の人は春の山を眺め、白い花をたくさん咲かせた大きな桜の木を見つけては、それを切り倒して家具などを作っていたのだとか。

そしてもう1つ目に付くのはオペピーヌ(aubepine:セイヨウサンザシ)の白い花。
道路脇や牧場の小径、家々の裏庭などにたくさん咲いていました。
飾り気のない、素朴な感じの花ですが、春まだ早い野に良く似合う、とても可憐な花でした。

フランスの美しい田舎の風景を眺めながら、ゆったりと過ごす時間は本当に贅沢なもの。
そしていま、こんなふうに過ごすことが出来ることをとても幸せに思っています。
大自然が育む、春の息吹。
野も、山も、小川も、風も、空も、そして星までもが…まさに春一色でした。