122 田舎のお家の夕ご飯

南フランスの小さな村、ランス レスタン(Lens Lestang)で革製バッグの工房を営むロールさん(奥様)、シルヴァンさん(ご主人)のご自宅で、夕ご飯をご馳走になりました。

ロールさんが夕ご飯の仕度をしてくださっている間、シルヴァンさんと3人で裏山のお散歩へ。
早春の美しい里山をのんびりと歩くのは、それだけで心が和むもの。
また、これからご馳走になる夕ご飯を、より一層美味しいものにしてくれる様に思いました。

散歩を終えた後は、息子さんのジュリアス君も一緒になって皆でおしゃべり。
食前酒に地元産の白ワインをいただきながら、おつまみはタプナード(オリーブのペースト)や干しトマトのペーストを乗せたバゲット(baguette:いわゆる普通のフランスパン)です。

そして、今晩の主菜は蒸した4種類の野菜(フュヌイ、カリフラワー、にんじん、じゃがいも)と、ゆっくりと時間をかけて水に戻した干し鱈を蒸したもの。
これに、シルヴァンさん特製のアイオリ ソースをたっぷりかけていただきます。
アイオリ ソースとは、卵黄1つに同量のマスタードを加えて、さらに菜の花から採った油とオリーブ オイルをたっぷりと加えて混ぜ、最後につぶしたニンニク2かけらを入れたもの。
あまりの美味しさに、どんどん食べてしまった私達。
シルヴァンさんがお替わりをしようとする頃には、ソースのボールは空っぽになっていました。

また、食後には山のチーズと地酒(ローヌ)の赤ワイン。
どちらも香りに特徴のある、こってりとしたタイプ。
そして、デザートはオレンジのコンポート。
食べやすくカットされたオレンジと一緒に、モロッコで買ってきたというナツメヤシが入っていました(美味しくて、私は何度もお替わりをしてしまいました)。
野菜や果物がたっぷりの、身体に優しい夕ご飯でした。