121 田舎のアンティークショップ

南フランスにある小さな村、ランス レスタン(Lens Lestang)に行ってきました。
旅の目的は、その村にある革製バッグの工房をお訪ねし、新しいバッグのデザインなどについてお話をすること。
しかし、私達にとっては、旅行用のガイドブックにも載っていないような小さな村を訪ね、自然やそこに生きる人々との出会いが何よりの楽しみだったのです。

フランスの新幹線 TGVが停まるヴァランス(Valence)の駅から、ランス レスタンの村までは車で約1時間。
その途中にあるオートリーブ(Hauterives)の町外れに、可愛らしいアンティークショップがありました。

お店の中に入ってみると、古そうな家具や陶器のお皿、ガラスの器などが、まるでそこで誰かが生活しているかのように置かれていました。
また、お店の隣りにある物置の中には、ブロカント(brocante:ちょっと古い)の台所用品やかごなどが、埃をかぶって並んでいました。

そして、お店の裏に回ってみると、アンティークの家具を修理するための工房があり、優しい笑顔の、でも頑固そうなご主人が、古そうな木の棚を一生懸命に修理していらっしゃいました。
やはり、アンティークの家具も、このご主人の様に丁寧に修理してくださる方がいらっしゃるからこそ、今の時代にも使われ続けることができるのだと思いました。

パリや南仏リル シュル ラ ソルグの蚤の市については何度かご紹介しましたが、フランス中、どんな田舎に行っても、私達が想像している以上にアンティークショップはあるようです。
いつの日か、フランスの田舎のアンティークショップを、のんびりと見て廻るのも楽しそうですね…。