120 プロヴァンスの伝統キルト

南仏リル シュル ラ ソルグ(L'Isle sur la Sorgue)の細く静かな通りに、クルトゥポワント(Courtepointe)という魅力的なキルトのアトリエを見つけました。
蚤の市の開かれる運河沿いの通りからは離れており、また、商店が集まる通り(教会通り)からも少し外れた場所にあるため、ちょっと見つけにくいかも知れません。

しかし、1度そのアトリエの前を通りかかれば、そのワクワクするような可愛らしい扉の中に、入らずにはいられません。
小さな店内には手作りのアンティークのキルトや、お店のマダム、ナディーヌさんのブティの作品が所狭しと展示されており、夢の様な空間が広がっています。

私が興味深く1つ1つの作品に見入っていると、奥のアトリエで作業中だったナディーヌさんとご主人が、その手を休めて丁寧な説明を始めてくださいました。
柔らかいライトに透かされて、美しい模様が浮かび上がる白一色のブティ。
以前にも見たことはあったけれど、どのようにして作られるものなのかは知りませんでした。

ナディーヌさんは小さな細い針と布を手に持ち、その場で実演してくださいました。
まずは2枚の白い布を合わせ、鉛筆で写し取ったデザインの線に沿って細かく縫い合わせます。
続いて糸状になったコットンを太目の針に通し、綿を詰める部分に縫い込みます。
そして、その作業を幾度となく繰りかえし、何千時間もの時間をかけて、大きな作品を仕上げていくのだそうです。

初めから中綿を挟んで縫っていくキルトに比べたら、ずっと根気のいる作業なのでしょう。

「ブティにかける長い長い時間とその手間は、決して大変なことではなく、私の喜びなのよ」

…と話すナディーヌさん。
その穏やかで優しい笑顔は、この旅の、素敵なお土産になりました。