119 小さな町の路地裏探訪

アンティークの町として有名な、南仏リル シュル ラ ソルグ(L'Isle sur la Sorgue)。
人口は約1万8千人、以前は織物産業が盛んな町だったのだとか…。
そんな当時の様子を偲ばせるのが、町中に僅かに残る水車。
現在でも10機ほどの水車がゆっくりと回っています。

この町は、6キロほど先の山間から湧き出る清らかな水によってその周りを囲まれ、川に浮かぶ島のようになっています。
その島の真ん中に、教会が1つ。
また、教会前の広場を南北に貫くように、唯一の繁華街とも言える細い通りが通っています(かなり鄙びた、寂しい感じですが…)。
そして、大半の商店やレストランがこの通りの東側にあり、一方、西側には、小さな市庁舎や学校、幼稚園、病院などがあります。

この町で年に2回開かれる大きな蚤の市の時には町中が人で溢れかえるようですが、それ以外の時にはとっても静かな町なのでしょう。
島の中心を南北に貫く教会通り(私達は勝手にそう呼んでいましたが…本当はrue Carnotといいます)には、小さな魚屋さんに小さな肉屋さん、小さなパン屋さんなどが軒を連ね、この町に住む人々の日常生活を支えている様です。
また、その先には小さな本屋さんに、小さな薬局に、小さな雑貨屋さんなどが続きます。
そして、こんなに小さな町だけど、その中を子供達が元気に走り回っていたり、小さな犬がトコトコとお散歩していたり、静かに猫が横切ったりするのです。

この町に約200軒もあるというアンティーク ショップを見て廻るのも楽しいのですが、リル シュル ラ ソルグの路地裏探訪も、とてもおすすめです。