118 朝が来て、夜が来て

パリのリヨン駅(gare de Lyon)からフランスの新幹線 TGVに乗り、南仏アヴィニヨン(Avignon)までは約3時間。
アヴィニヨンの駅に到着し、建物から外に出ると、空の広さにあらためて驚かされます。
周囲に何にもないせいもあるのでしょう、とにかく、遠くまで空を見渡すことが出来ます。

春の日の夕方、穏やかに暮れ行く空を眺めていると、もうそれだけで気分が清々してきます。
周りを高い建物に囲まれて、カフェでグラスを傾ける人々の賑やかな声とともに暮れていくパリの夕方とは、ずいぶんと異なる風景です。

この短い旅の中で見た、南仏プロヴァンス(Provence)の風景は、とても素晴らしいものでした。
遠くには穏やかな山容が連なり、あちらこちらに白い雲が浮かび、そして静かに風が吹いて行きます…。
またその中に、南仏特有の糸杉が風に揺れ、ところどころに杏の花が咲き、そして人も、犬も、猫も、馬たちも、のんびりと暮らしています。

大都会のパリにも、また、南仏の田舎町にも、朝が来て、昼が来て、夜が来ます。
しかし、とても同じ24時間とは思えないような、のんびりとした時の流れが、ここにはありました。