117 時の流れを愉しむ散歩

先日、町全体が世界遺産に登録されているプロヴァン(Provins)の町を訪ねたことをきっかけに、少しだけ世界遺産について調べてみました。
2004年07月現在、世界には788の世界遺産があり、フランスには28の遺産があるそうです。
有名なベルサイユ宮殿やモンサンミッシェル(Mont Saint Michel)などが含まれているのですが、驚いたのはパリのセーヌ河岸もその1つであるということ。
毎日のように見ている身近な景観が、世界遺産なのだということを知り、とても嬉しくなりました。

パリの街中はせわしい場所が多いのですが、このセーヌ河岸に来ると、それが嘘のよう…。
不思議な、ゆったりとした時の流れを感じます。
両岸に続くブキニスト(bouquiniste:露店の古本屋)では、店のおじさんがゆっくりとパイプを燻らせていたり、日がな一日キャンバスに向かって絵を描くおじいさんに出会ったり、カラフルな色のマフラーをなびかせた子供達が元気に走って行ったりと、心休まる光景を目にすることが出来ます。
そして、そのどれもがこの景観の一部。
世界遺産に登録されているのは、単に河や建物だけではなく、ここに生きる人々や、ここに吹く風をも含んでいるのでしょう。

皆さまもパリにいらした時、是非、セーヌの河岸をゆっくりとお散歩してみてください。
そして、この河がもたらす、ゆったりとした時の流れを楽しんでみてください。