115 お先真っ暗?

パリで、アパートの部屋を探していた時のこと。
夜遅くなってから、アパートの部屋を見せていただいたことがあります。

大家さんから事前に伺っていた暗証番号を入力して通りに面したドアを開け、アパートの敷地内に入ることは出来たのですが、私達の目の前に広がっていたのは真っ暗な闇…。
そこからアパートの部屋へと続く廊下には電灯が点いておらず、何も見えなかったのです。
そして、電灯の点け方が分からなかったので、真っ暗闇の中、恐る恐る壁を伝って奥へと進むことになりました…。

パリに住んだことがある方ならご存知のことと思いますが、アパートの廊下や階段の電灯は、時限式が一般的。
日本のように夜の間は常に電灯が点いているのではなく、壁に付いているボタンを押すと、一定の時間だけ(1分~2分くらい)、廊下や階段の電灯が点くしくみになっています。
そしてその間に、自分の住む階へと上がり、部屋に入ります。

なお、部屋に入る前に電灯が消えてしまった場合には、廊下の端や階段の踊り場などの壁に付いている別のボタンをもう1度押し、先へと進みます。

アパートの廊下や階段に限らず、街中のカフェのトイレも同じこと。
壁に付いているボタンを押すと、しばらくの間、電灯が点きます。
また、長い間入っていると電灯が消えてしまいますので、そんな時には慌てずに、もう1度ボタンを押してください(初めての方は相当ビックリなさると思いますが…)。

なお、先日、小さな町のカフェでトイレに入った時のこと、壁に付いていたボタンを押したのですが、電灯が点きませんでした。
壊れているのかな?とボタンに目を近づけてみたら、小さなつまみになっていることが判りました。
そのつまみがタイマーになっていて、つまみを右に回した分だけ(時間だけ)電灯が点くしくみだったのです。

皆さまもフランスにいらした時、アパートの廊下や階段、トイレなどの電灯が消えても、ビックリなさいません様に。