114 ちょっぴり自慢げ

パリでお世話になっている方々に、ちょっとしたお礼の品を差し上げる時、私達は日本のお菓子を持って行きます。
有名な菓子司の和菓子ではなく、日本の普通のお菓子です。

パリに来てすぐの頃には、あられや金平糖、干菓子といった、いかにも日本らしいお菓子を持って行ったのですが、最近になって、もっと一般的なお菓子の方が喜ばれるということが判ってきました。
ここで言う、もっと一般的なお菓子とは、日本のスーパーマーケットやコンビニエンス ストアに売っている100円~200円くらいのもの。
チョコレート入りのクッキーや、クリームが挟まったウエハース、スライスしたアーモンドがふり掛けてあるパイなどのことです。

もちろん、似たようなお菓子はフランスにもありますが、日本のお菓子の方が味も甘さも繊細なのです。
そしてその美味しさは、お菓子を差し上げた方からの反応を見ても明らかです。

グルメの国フランスで、日本の、それも普通のお菓子をこんなにも喜んでもらえると、「日本ってすごいでしょ?」と、ちょっぴり自慢げになってしまいます。