112 出会いを楽しむ

パリに来て1年。
たくさんのワインを飲みました。
ちょっと高価なワインから、安くて手頃なワインまで、かなりの本数になります。

また最近は、ワインを1本飲むたびに、人との出会いに似ているな~と思うようになりました。

初めての人と出会った時、握手をして挨拶を交わし、顔や着ているものを見ます。
そして、少しずつ言葉を交わしていると、だんだんと相手のことが解ってきます。
その結果、「この人とは馬が合うな~」なんて思ったりするわけです。

しかし、だからと言って、その人のすべてが解るわけではありません。
生まれた国や生活習慣などが異なれば、微妙なニュアンスを汲むことが出来ない場合もあります。
さらに、その人と会った時の自分の体調や心情、場所、同席していた人などによって、受ける印象も異なります。

そう考えると、日本人の僕がフランス ワインを楽しむということは、見知らぬ土地で生まれ育った外国人と出会うようなもの。
出身地(産地)や年齢(生産年)、素性(ラベル)などにとらわれることなく、これからも、さまざまな人(ワイン)に出会ってみたいと思います。

次は、生涯の友に出会うかも知れませんし、美しい恋人に出会うかも知れません。
さて、今宵の出会いは…?