111 ここでグッと我慢です

パリの12区、アリーグル広場の近くに、地元では有名なパン屋さんがあります。
表通りから入った、わかりづらい場所にありながら、いつもお客さんの長~い列が出来ています。

先ほど、相方(水野)がアリーグルのマルシェ(朝市)に買い物に行った帰り道、このお店のパンを買って来てくれました。
そして、帰宅してすぐに、別の用事で出かけていった相方…。

出かけ際…

「これ、少しだけなら食べてもいいわよ」

…と言ったので…

「あっ、うん」

…なんて気のない返事をしておきました。

しかし内心は、大好物の餌を貰ったワンちゃん、ネコちゃんと一緒。
相方が出かけるとすぐに冷蔵庫から冷えた白ワインを持ってきて、大きなパンを手でちぎりながら、早速いただきました。

このパン屋さんにはたくさんの種類のパンがあるのですが、その中でも僕が大好きなのは、粗く擦り潰したオリーブを入れて焼いたもの。
もう~、その美味しさといったら!
焼きたてのパンの香ばしさの中にオリーブの香りと適度な塩気があり、冷えた白ワインとの取り合わせが最高なのです。
も~、本当~に美味しい!
そして、この美味しさを日本の皆さまにもお伝えしたくて、今、この文章を書いています(すみません、全然伝わってませんね…)。

ちなみに、パン屋さんの名前はモアザン(MOiSAN)。
所在地は、5 place d'Aligre 75012 Parisです。
皆さまもパリにいらした時、是非、お召し上がりになってみてください。
パリの高級レストランでお食事をなさるのも結構ですが、美味しいパンとワインがあれば、お泊りになっていらっしゃるホテルのお部屋でも、想い出に残るお食事を楽しむことが出来ると思います。

あ~、もうパンを半分食べちゃいました…。
これ以上食べたら、相方に叱られるので、ここでグッと我慢です…。