110 今日は和風でパリ風で

先日、とあるお宅の夕ご飯にご招待していただいた時のこと。
日本人の私達が和食を食べたいに違いない…と気遣ってくださったのでしょう。
思いがけず、パリですき焼きパーティーを開いてくださいました。

しかも、低いテーブルをみんなで囲み、床に座って食事をするという和風スタイル。
しかし、その時一緒に招待されていたフランス人の方々にとっては、床に座るということがとても大変なようでした。
正座をしてみたり、あぐらをかいてみたり、前や横に足を投げ出したりしてみても、座布団(クッション)の上に座ることが出来ません。
どうやっても、後ろにひっくり返ってしまいそうになるのです…。
これには、見ている私達も、また、座ろうと頑張っているご本人たちも大笑い!

また日本では、関東と関西とではすき焼きの作り方や味付けが異なるそうですが、パリでいただくすき焼きもなかなか個性的なものでした。
まず、お皿に盛られた食材を見てみると、お肉は赤身の牛肉を薄~くスライスしたもの。
フランスでは、日本のように脂身が入った(霜降りの)牛肉は、手に入りにくいのです。
また、お豆腐の代わりに用意されていたのは胡麻豆腐(パリでは贅沢品!)。
椎茸の代わりにマッシュルーム、春菊の代わりはクレソンと、パリで手に入る食材を上手に使っていらっしゃいました。

続いては調理方法。
日本で買って来たとおっしゃる鉄鍋にオリーブ オイルを少し垂らし、お肉や野菜をジュージューと焼いた後、お醤油をグルグルとかけていただきます。
なお、フランス人は基本的にお料理にはお砂糖を入れないそうなので、お砂糖は抜き。
すき焼きというよりも、お醤油で食べる焼肉という感じでした。
でも、お醤油の香ばしさとお肉や野菜の旨みが相まって、美味しいパリ風すき焼きの出来上がり。

なお、もう1つ私達が目を丸くしたのは、すき焼きと一緒に出されたご飯(白米)。
ご飯そのものに変わった様子はないのですが、その上から、たっぷりとお醤油をかけていただくのです。
ご飯が盛られた器の中に、当たり前のようにお醤油をかける姿を見た瞬間、「あっ!」と小声が出てしまいました…。

こんなふうに一般のお宅にご招待していただくと、フランスの新たな一面(?)を拝見することができ、とても楽しいです。
でも、少なからず、カルチャー ショックもありますが…。