107 オカネのお話

パリに住んで1年。
来たばかりの頃には観光気分もあったのですが、いまでは毎日が生活そのもの。
そして今日は、そんな生活に深く関わるお金のお話。

日本からパリにご旅行でいらした方には、1ユーロが何円なのか、とても気になるのではないでしょうか。
カフェでお茶を飲む時も、また一流ブランド店でバッグやお財布を買うときにも、きっと頭の中でユーロを円に換算していらっしゃることと思います。
そしてその度に、「えっ、高い!」とお感じになったのではないでしょうか。

ここ1年、1ユーロはおよそ140円。
それ故に、ちょっとしたお昼ご飯が2,000円もしたり、一流ブランドのバッグは、もやは日本で買うのと変わらないお値段。

また、毎日の生活の中で1ユーロを140円に換算してしまうと、身の回りのモノが高く感じられて、買い物を楽しむことも出来ません。
実際に住んでみた感覚としては、1ユーロ=100円くらいではないかと思います。
コーヒー1杯200円。お昼ご飯は1,000円くらい…。

皆さまもパリにいらした時、そこに住む人たちはそれくらいの感覚でコーヒーを飲み、お買い物をしているのだとお考えください。