105 遺産は誰のもの?

世界遺産になっているフランスのモンサンミッシェル(Mont Saint Michel)について、地元の方から面白いお話を聞きました。

海抜ゼロメートル地帯ともいえる広い砂地の上に突き出たモンサンミッシェルの元には、1本の川が注いでいます。
そして以前は、この川を境にして東側がノルマンディー地方、西側がブルターニュ地方に分かれていたそうです。

なお、もともとこの川の河口はモンサンミッシェルよりも東側にあったため、モンサンミッシェルは川の西側にあたるブルターニュ地方のものだったとのこと。

ところが、長い年月の間に少しずつ地形や川の流れが変り、今ではモンサンミッシェルの西側に川が注ぐようになりました。
そしてこれにより、モンサンミッシェルは川の東側にあたるノルマンディー地方のものになったのだとか。

そのため、ノルマンディーの人とブルターニュの人との間では…

「モンサンミッシェルはノルマンディーのものだ!」

「いやいや、もともとブルターニュにあったのだから、ブルターニュのものだ!」

…という話になるそうです。