101 日本の色、フランスの色

日本には、いかにも日本らしい色の名前があります。
桜色、藍色、鶯色など…。
そして、このように表現すると、ピンク、青、緑などと表現するよりも、ずっと豊かに色や風情を感じます。

パリに来て、ファッションに関わる品物を扱うようになり、お店の方とのやり取りの中で「フランスらしいなぁ~」と思う、色の表現を耳にするようになりました。
ピンクはローズ、紫はプラム、緑はオリーブ…といった具合です。

また、同じ品物でも、ピンクのバッグというよりは、ローズのバッグというほうが素敵に思えたり、紫のボタンよりは、プラムのボタンのほうが愛着が湧いたりします。

ちなみに、以下は当店で新しく取り扱い始めた、腕時計のベルトの色。
素敵だなぁ~と思った色の名前をご紹介いたします。

色を言葉で表現することは難しいけれど、その名前によって色のイメージまで変わってしまうから不思議です。