100 僕らを乗せて

今、僕は、1人でバスに乗っています。
パリの街中を走る、29番のバスです。
中央郵便局脇のバス停からこのバスに乗り、これからバスティーユに戻るところです。

金曜日の午前中、パリの街は思いのほか静か。
道路も空いているし、バスに乗っているお客さんもまばらです。
バスの後方の席に座っている僕の周りには、60歳くらいの女性と20代と思しき女性がいます。
みんな、どこを見るでもなく、ただぼんやりと窓の外を眺めています。

そして僕も同じ。
窓の外を流れていくカフェやパン屋さんなどをぼんやりと眺めながら、今、ここにいることの、人生の不思議を感じています。

バスは僕らを乗せて、パリの街を走ります。
そして、時々バス停に止まっては、お客さんが乗ったり、降りたり…。
いろんな人がいる街、いろんな人がいてもいい街、パリ。
これが、普段の、この街の姿。

おっと、バスティーユのバス停が近づいて来ました。
僕は、ここで降りますね。
それでは、また。

あっ、そうそう、昨日の夜、雪が降ったんですよ!
ほんの短い間でしたが、とてもきれいな雪でした。