099 スーパーに見る生活のリズム

パリのスーパーマーケットでのこと。
食べたいもの、買いたいものをカゴに入れ、最後にレジでお金を支払います。
しかし、このレジでのやり取りが、日本とは少々異なるところ…。

まずは、長い行列の後に並んで、ひたすら自分の順番が来るのを待ちます。
そして、レジ台のところまで進んだら、カゴに入っている品物をお客さん自身がレジ台にあるベルト コンベアーの上に並べます。
また、ベルト コンベアーの上に並べた品物が、前後のお客さんの品物と混ざらない様に、品物と品物との間に仕切り用の棒(または、仕切り板)を置きます。

そして、いよいよ自分の番。
「こんにちは!」とレジ係りの人と挨拶を交わすと、バーコード リーダーで次々と読み取って、品物をその先の台の上に転がしてくれます。
お客さんは、自分の買った品物をビニール袋の中に詰めていきます。
しかし、お客さんによっては、のんびりと詰める方もいらっしゃるので、その間、レジに並んでいる人達はもちろん、レジ係りの人も待つことになります。

そして、最後にお支払。
現金やカード、小切手など、いくつかの支払方法がありますが、大半のお客さんはカードか小切手を使います。
しかし、これにまたまた時間がかかるのです。
カードを機械に差し込んで暗証番号を入力する時間や、残高照会などに要する時間、印刷されたレシートにサインをする時間など…。
一方、小切手の場合には、小切手が有効なものであるかどうかを機械が検査する時間、小切手に支払先や支払金額を印字する時間、小切手にサインをする時間など…。

もしここが日本なら、レジに並んでいるお客さんの大半は、とっくに爆発(?)しているかも知れません。
しかし、ここはフランス。
これが日常です。
表面的には誰もあくせくせず、また、イライラもしていません。
そして最後に「さようなら~」なんて優雅な一言を残し、お店を出て行きます。

皆さまもパリにいらした時、是非、スーパーマーケットでお買い物をしてみてください。
そして、こんなリズムでお買い物をする国もあるということを、体験してみてください。
ただし、土曜日だけはお薦めいたしません。
これだけで1日が終わってしまいそうなほど、長い時間待たされるからです…(ちょっと大袈裟?)。