097 コットン屋さんのカウンター

今週から、パリでソルド(soldes:バーゲンセール)が始まりました。
お店のショー ウィンドウにはソルドのポスターが貼り出され、賑やかな雰囲気になっています。

なお、星の数ほどあるお店の中で私が興味深く見ているのがコントワー デ コトニエ(Comptoir des Cotonniers:コットン屋さんのカウンター)というお店。
パリの街中に数店舗を持ち、また、有名デパートの中にも売場が設けられています。

このお店のお洋服は、シンプルかつ上品でありながら、気取ったところのない普段着という感じ。
また、コットンやウールなどの自然素材を用いた品質も◎。
パリでは10代から30~40代の幅広い年齢層の女性たちに支持されている様です(もともと「若いお母さんとその娘さんが一緒に選ぶことの出来るブランド」というコンセプトなのだとか…)。

そして、その人気ぶりはソルドの時期になると一目瞭然。
他のお店に比べて、お店の混雑具合が違います。
また、このお店の紙袋を持ったパリジェンヌの姿を街中でもよく見かけます。

しかし、まだ日本では馴染みのないブランド。
このシンプルかつ上品な雰囲気は、日本の皆さまにも受け入れられるものだと思うのですが、日本への進出はまだなのでしょうか。