094 01月09日(日)その2

成田空港発10時50分の飛行機に乗った。
往路と同様、帰路もロンドンを経由してパリに戻る。

成田空港を発ったその便は、故郷新潟の上を飛び越えたあと、津軽海峡の西側を北上した。
そして、ロシアの領空に差し掛かったあたりから、徐々に西へと進路を変えた。

離陸後のドリンク サービスで、2人は缶ビールを飲んだ。
そして、すぐに昼食になった。
相方(水野)はチキン カレーに白ワイン、僕は魚の照り焼きに赤ワインを選んだ。

食後、キャビン アテンダントさんが食器を下げてくださる時、思いのほか親しげな英語で…

「あら、あなた。まだチョコレートが残ってるわよ」

…と言った。
これが日本人のキャビン アテンダントさんなら、もっと丁寧な言葉になったと思うが、そのイギリス人女性の一言には親近感があり、とても心地良かった。

昔、ハワイのホノルルに住んでいた頃、街中にあるハンバーガー屋さんで食べ物を注文した時に…

「他に何かいる?」

…といつも気さくに聞き返されたことを思い出した。

また、パリのマルシェ(朝市)で野菜や果物を買う時も同じだ。

「他には?」

…と言うあの短い言葉は、僕が最も早く覚えたフランス語の1つだ。