088 小銭、あります?

フランス人はお金に関してしっかりしていると聞いたことがありますが、今日は、小銭に関するパリでの体験を3つお話します。

1つめは、パリにある仕入先でのこと。

仕入れた品物を受け取って、その代金をお支払する時に…

「いつもお世話になっているので、おつりは結構です」

…と僕が言うと、経営者の女性から、こう言われました。

「それはダメ。フランスには”良い計算は良い友人を作る”という言葉があるのよ」

…と。そして、きちんと小銭を用意して、おつりを手渡してくださいました。

2つめは、マルシェ(朝市)に行った時のこと。

野菜や果物などを買って、その代金をお支払したら…

「あ~、ちょうど細かいお金が無いんだよ。いい?」

…と店主が言うのです。
最初は「いい?って…」と思ったのですが、要は、小銭がないからおつりを勘弁してくれという意味なのです。
そして本当に、おつりをくださらなかったことにビックリ…。

3つめは、パリ郊外のスーパーマーケットに行った時のこと。

買い物をしてレジでお金を払った時に、店員さんから…

「1サンチーム(centime:100分の1ユーロ)ない?」

…と聞かれたのです。
しかし、あいにく財布の中に小銭がなく、僕が…

「ありません」

…と答えると、僕の後に並んでいた見ず知らずの男の子(恐らく10代)が…

「はい、これ」

と1サンチーム硬貨を差し出してくれたのです…。

日本でも「お金の切れ目が、縁の切れ目」なんて言いますので、1つめのお話については良く理解することが出来るのですが、おつりをもらうことが出来なかったり、見ず知らずの人から小銭を差し出してもらったりということには、少なからず驚きました。
こんな経験、日本でもありますでしょうか…。