087 美しさの違い

約12時間の飛行を終えて、成田空港に着きました。
飛行機から空港の建物に入ると、途端、その美しさに驚かされます。

ここでの美しさとは、清潔という意味。
まるで、パリの街中にある、一流ホテルのロビーのような感じです。

その後、リムジンバスに乗って東京の街中に向かっても、同じことが言えます。
ゴミが1つも落ちていないわけではありませんが、パリの街に比べたら、とてもとても清潔に見えます。

さらに、街中の建物はどれも新しく、道往く車はピカピカのものばかり。
パリと東京とのこの差には、今更ながらに驚いてしまいます。

ところで、帰国して夜遅くにテレビを見ていた時のこと。
日本航空が提供のごく短い(5分間くらいの)番組で、パリの街角が映りました。
画面に映し出された風景は僕にとってすでに見慣れた場所なのですが、「あれ、こんなに美しかったかな~?」と思う映像ばかり。
なお、ここでの美しさとは、長い時の流れによって作り出される、風情のような何かという意味。

僕はまだ、この風情のような何かを上手く表現することは出来ないのですが、日本人で「パリが好き!」とおっしゃる方の多くは、この何かに魅せられているのではないでしょうか。
そして、この何かは、今の東京では失われつつある様に思います。

東京とパリ、どちらも美しい街ですが、それぞれに異なる美しさを持っているように感じます。